アプローチを変えてみて! 結婚願望が強くても男性に引かれない方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
きいろ

Written by:

2019.10.18.Fri

「30歳までには結婚したい!」「早く結婚して落ち着きたい!」とがっつきすぎると男性に引かれてしまうことってありますよね。結婚のチャンスが巡ってくるのは、意気込んでいる時よりも肩の力を抜いている時で、前のめりになればなるほど機会を逃してしまうものです。
とは言っても、結婚したい意欲が強いと肩の力は抜きにくいですよね。そこで今回は、結婚願望が強くても男性に引かれないために必要なことをまとめてみました!

結婚に対する考えが浅いのはNG

結婚願望が強い人は、「なんでそんなに結婚したいの?」という質問をされることが多いと思います。しかし、その返答は「早く子どもを産んでおきたい」「周りが結婚していて焦る」「結婚に憧れている」といった、男性の心には響かないものばかり。
とりあえず結婚したい! という気持ちをアピールされても、男性からすればその人との未来を想像しにくいですよね。

結婚後のビジョンは明確にする

女性は出産と育児を控えているので、その後の社会復帰やどんな生活を送りたいかを長い目で見て考えているかが重要です。それをふまえて結婚したいと思っている女性と一緒になりたいと思うのは当然ですよね。
ただ“結婚”という目標だけを掲げても、男性はなかなか飛びついてくれないのが悲しい現状です。

専業主婦になりたいと言わない

結婚して早く仕事を辞めたい、専業主婦になりたい、という願望を持っていてもそれは言わないほうが吉です。結婚後に働くのが自分だけになることを結婚前から知ってしまうと、男性はプレッシャーを感じてしまいます。病気やケガは絶対に避けなければならないですし、家族を支えていける収入を一人で稼いでいかなければなりません。
女性が家を守り男性が働くことで二人三脚は成立しているようにみえますが、今の時代にそれで成り立つ家庭は少ないので、男性が負担だと思うようなアプローチ方法はしないほうがよさそうです。

いい奥さん像を想像させる

結婚に向いていなさそうだと思われている女性は、家にいる想像ができないからです。帰った時にこの人がいてくれたらいいな、という想像ができるように、いい奥さん像を男性に見せていかなければいけません。
癒される、温かい、ホッとする……といった要素を自分なりにアピールして、男性が安心するような空間作りをしていくと、男性から結婚したい! と思ってくれるようになります。

背伸びはしない

やれないことを「できる」と言っても男性には見透かされてしまいますし、高く見積もって自分をアピールしても後悔をするのは自分です。
家事ができないのであれば「少しずつできるようになる」と前向きなアピールをすればいいですし、仕事が安定しないのであれば「迷惑をかけるかもしれないけど精一杯努力をする」と意気込みを伝えることが大事。背伸びはせずに、素直な自分を見せて結婚に結びつけましょう。

まとめ

結婚願望が強いことは悪いことはありません。ただ、アプローチの仕方が下手になってしまうことが問題なんです。もっと落ち着けばうまくいくことも、焦ってしまい機会を逃してしまうんですね。一つずつステップを踏んで、結婚にたどり着けるようにもっと自分らしさをアピールしていってくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

きいろ

アイドル活動や、メイド喫茶に勤めていた経験を生かし、皆さんが楽しめるものを執筆していきます。
ゲームをしたり、アニメを観るのが好きな根っからのオタクですが、外の世界も大好きです。

twitter
https://twitter.com/yellow_cnmeid

ameblo
http://ameblo.jp/miretteretta/