いつも相手を疑ってしまう? 別れが近いカップルの特徴6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
きいろ

Written by:

2019.10.17.Thu

あんなに好きだったのに、気持ちが冷めていくことに気づいてしまうのはなんだか寂しいですよね。“好きじゃない”とまではいかなくても、“一緒にいなくても平気”だと思ってしまうと、だんだん違和感が強くなっていくものです。
一緒にいるのが苦痛だと思うようになると、いよいよ別れが現実に……。そこで今回は、別れが近いカップルの特徴をご紹介します。

一人でいるほうがラクだと思う

彼と一緒にいるほうが楽しかったのに、一人の時間のほうが楽しいと思い始めると、それは別れが近いサインかもしれません。
お互いにとって一番良いのは、一緒にいる時間と自分の時間どちらも楽しめることです。しかし、一人の時間に重きを置くようになると、「彼と一緒にいることがツラい」「一人になりたい」と思うようになっていってしまうのです。

連絡やデートを義務のように感じる

付き合い始めは連絡を取るだけでも楽しいものですが、だんだんと連絡を取ることは当たり前になってきますよね。「わかった」の一言だけでも面倒に思えてきたり、デートをする前日にテンションが下がってしまうと、それは義務のように感じているからかもしれません。
デートを義務だと思うと一気にモチベーションが下がるので、回数を減らして心の健康に努めましょう。

相手のことを考える時間が減る

以前は離れているといつも彼のことを考えていたのに、今では彼を思い浮かべることが少なくなった、もしくはなくなったという場合は、あなたが彼と一緒にいなくても大丈夫だと思っている可能性があります。
別れたほうがもっと自分のことに時間を使えると思ってしまった場合は、別れを選択したほうが楽になるのかも……。

別の男性がかっこよく見える

彼よりも別の男性にときめく回数が多いと、彼への気持ちが冷めきってしまっている場合があります。他の男性と比べて彼の評価のほうが低い場合は、あなたの中で尊敬できる部分が減ってきているのかもしれないですね。

いつも相手を疑っている

信じることより疑うことのほうが多くなっていませんか? 好きな気持ちが薄れると信頼関係も薄れていきます。
彼が浮気をしたわけじゃないのに疑ってしまったり、彼のことを信用したいと思う気持ちがわいてこない場合は、別れが近いサインかもしれません。

喧嘩がふえる

気持ちが薄れると相手を思いやることが面倒に思えてきて、喧嘩が増えていきます。言い合いをしている最中は相手のことを嫌いだと思う瞬間が多いですし、お互いを傷つける機会が増えればどんどん気持ちが遠のいていきますよね。ちょっとしたことでイラッとするようになったというかたは、注意が必要です。

まとめ

いざ別れるとなると情もありなかなか決断できないですよね。しかし、そのままズルズルと関係を続けていくと、お互いがもっと傷ついてしまうかもしれません。気持ちの整理をして、今後どうしていくかを話し合い、二人にとって最良の選択をしてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

きいろ

アイドル活動や、メイド喫茶に勤めていた経験を生かし、皆さんが楽しめるものを執筆していきます。
ゲームをしたり、アニメを観るのが好きな根っからのオタクですが、外の世界も大好きです。

twitter
https://twitter.com/yellow_cnmeid

ameblo
http://ameblo.jp/miretteretta/