言い出しにくい…。スムーズに別れ話を切り出す方法4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
きいろ

Written by:

2019.09.22.Sun

今の彼と別れようと決心しても、どう切り出せばいいんだろうと悩んだことはありませんか? 別れ話をするのはエネルギーを使いますし、何より一番緊張するのは切り出す時ですよね。
どうすればスムーズに話ができるのでしょうか。今回は別れ話を切り出す方法をまとめてみました!

イベント前後の別れ話は避けよう!

クリスマスや誕生日などのイベントがある前後に別れ話をすると、イベントと元カノを紐づけてしまい、毎年苦しい思いをすることになります。中には「プレゼントをすでに用意していたのに」、「プレゼントを貰い逃げされた」ということにもなりかねません。
イベント前後の別れ話はなるべく控えたほうが無難です。

LINEやメールで「話がしたい」と伝える

 

いきなり「話がある」と言われ別れ話を切り出されると、相手は混乱しますよね。心の準備をしてもらうためにも、ワンクッションおくと話しやすくなります。
「LINEで話があるって言ったんだけど……」と、こちらも切り出しやすくなりますよね。話す内容の整理をして、落ち着いた状態で話す環境を整えるためにもとても有効な方法です。

冷たい態度をとってみる

スキンシップを避けたり、LINEを返さない、電話に出ない、会わないといった冷たい態度をとると、「どうしたの?」と彼が察して言ってくれるはず。それをきっかけに別れ話をするのも一つの方法です。
自分からはどうしても切り出せない、態度で表して相手に伝わってほしい、というかたはこのほうがスムーズに別れ話ができるかも?

不満をぶつける

そういえば……と始まり、2人の関係についての不満をぶつけてみましょう。最後に、「付き合っていくうちにあまり好きじゃなくなった」と伝えれば、別れ話に移行できます。一方的にこちらの不満だけを伝えるのはフェアじゃないですよね。
「そっちも色々思うことがあると思うし」と、相手が不満を言える機会を作ることが、穏便に別れ話を進める上でとても大事なことです。

仕事が忙しいなど、疲れた様子を見せる

仕事が忙しくなると、恋愛は疎かになってしまいますよね。自分では両立できているつもりでも、相手は「放っとかれている」と思っているかもしれません。会っている時に疲れた様子を見せれば相手も気にしてくれるでしょうし、「仕事でいつも疲れているし、一緒にいられないから別れたほうがいいと思っている」と、相手を気遣っていることを強調して別れを切り出してみましょう。
やんわりと別れ話を切り出せるので、普段から忙しいかたは言い出しやすいかもしれません。

別れたいという強い気持ちを持つこと

別れ話をした時は、別れたくない、もう少し考えてほしい、と相手が引き下がらないことがありますよね。情もありますし、そこで気持ちが揺らいでしまうこともあると思います。
しかし、別れ話は「別れたい」という強い気持ちを持ってするものです。相手に何を言われても気持ちは変わらない、ということを忘れずに別れ話をしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

きいろ

アイドル活動や、メイド喫茶に勤めていた経験を生かし、皆さんが楽しめるものを執筆していきます。
ゲームをしたり、アニメを観るのが好きな根っからのオタクですが、外の世界も大好きです。

twitter
https://twitter.com/yellow_cnmeid

ameblo
http://ameblo.jp/miretteretta/