素直に喜べない…! 反応に困る彼からの褒め言葉とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
ROI

Written by:

2019.09.22.Sun

心の通じ合った恋人同士とはいえ、言葉で思いを伝えるのは意外と難しいもの。彼氏から褒められているのか、それとも嫌味を言われているのか、判断に困ってしまったという経験のある女性も多いのではないでしょうか。
相手の言葉の意図がはっきりわからないと、なんとなくモヤモヤしてしまいますよね。さて、女性たちが反応に困ってしまう彼のセリフとは……?

「安心感のある体型だね」

「食事中に言われた彼からの一言。彼は細すぎる女性が苦手で、私のようなぽっちゃり体型に安心感を覚えるとのこと。純粋な褒め言葉のつもりだったみたいだけど……素直には喜べなかった」(27歳/看護師)

▽ 彼のデリカシーに欠けたセリフに戸惑ったという女性。言葉の印象は伝え方ひとつで大きく変わります。大事な恋人を傷つけてしまわないように、相手にかける言葉は慎重に選びたいものです。

「気を使わなくて良いから楽」

「『君と一緒にいると気を使わなくて良いから楽ちん!』と言われて、うれしい反面それって恋人としてどうなの? と複雑な気分になった。お互いに気を使いあってドキドキしていた付き合いたての頃が懐かしい」(29歳/美容関連)

▽ 一緒にいるとほっとするという意味合いだったのでしょうが、この女性は「適当な扱いをされている」と受け取ってしまったよう。長年付き合っている相手でも、遠慮や気遣いは必要でしょう。

「どんな綺麗な女性より君が一番」

「『綺麗な女性はたくさんいるけど、俺にとっては君が一番!』という彼のセリフ。それって暗に私が綺麗じゃないってこと? と、ひねくれてとらえてしまった。他の女性と比べられるのもちょっと微妙」(26歳/IT関連)

▽ このセリフ、女性側からするとかなり複雑ですよね。彼も余計なセリフを付け加えずに、「君が一番」とだけ言えば良いものを……。

「良いお母さんになりそう」

「家事や洗濯をしているとき、彼が『良いお母さんになりそうだね』と一言。ポジティブに考えれば結婚後のイメージが湧きやすいってことだけど、そのときは彼女として見られていないようでがっかりした」(28歳/メーカー勤務)

▽ お母さんに例えられてしまったという女性。うれしいような悲しいような……。身の回りの世話を焼きすぎていると、彼の口からこんなセリフが飛び出してくるかもしれません。

まとめ

女性たちが反応に困ってしまう彼氏のセリフをご紹介してきました。彼的には何気なく言った言葉だったとしても、受け取り方によっては誤解が生じてしまう場合もあります。相手に悪気がないとはいえ、言葉の真意をはかりかねてモヤモヤし続けるのは精神衛生上良くありません。
相手の言葉に傷つけられたと感じたとき、ストレートに「そういう言い方をされると悲しいな」と伝えることも仲良く付き合っていくための秘訣ですよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

ROI

都内在住フリーライター。クラフトビールとハイボールが大好き。こじれ気味な独身生活を経て、何とか結婚にたどり着いたアラサーです。自身の経験をもとに、リアルな等身大の女子&男子の本音をお届けできればと思います!