これじゃ対等な関係が築けない…。「私って彼に甘すぎるよな」と思う瞬間

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2019.09.21.Sat

カップルはお互いを尊重しつつ、対等な関係を築くのが理想。しかしいつの間にか、彼の「何でも屋さん」になってしまい、どんどんないがしろにされることも。最悪の場合、都合良く利用されたのちに隠れて浮気……なんてケースもあります。
そこで今回は「『私って彼に甘すぎるよな』と思う瞬間」についてご紹介します。

1. 家事をやってあげる

「彼の家に行くと、とりあえずグチャグチャになった部屋の掃除や洗濯、洗い物をやってあげている。最初は『彼は仕事が忙しいし、私がやってあげなきゃ!』と思っていたけれど、最近では『ちょっと甘やかしすぎたな』と後悔しています」(20代/一般事務)

▽ 彼の家があまりにも汚いと、少しでも力になれたらと思い、家事を頑張ってしまう人もいるのでは? これを機に「理想の奥さんと思ってもらえたら良いな」と期待もしますしね。でも現実は彼の家政婦さんになってしまう可能性大。最初から張り切りすぎるのではなく、まずは「掃除したほうが良いんじゃない?」と促す程度に留めておきましょう。

2. どんなに友達を優先しても怒らない

「私とデートしていても、友達から連絡が来たらそっちへ行ってしまった元カレ。私も怒って嫌われたらイヤだと思い、我慢していました。でも結局『ほかに好きな人ができたから』とフラれました……」(20代/接客)

▽ 彼女よりも友達優先の男性。最初は「友達と遊びたいから、別の日にデートずらしてもらっても良い?」程度だったのに、デート中でも友達から呼び出されれば、彼女を放置するまでにエスカレート。
どんなに彼が好きでも、一度ガツンと言わないと変わらないかも。身勝手すぎる行動を許しちゃダメですよ。

3. 自分が悪くなくても先に折れる

「どう考えても彼が悪いのに、別れたくないし不機嫌になられると面倒なので私から謝ってしまうこと。彼も私を見くびっている感じがします……」(30代/栄養士)

▽ 滅多にケンカをしないのであれば、女性側から折れるのもアリ。だけど頻繁にケンカをする上に、毎回彼に原因があるのなら、多少は放置したほうが良いかも。彼が自分から改心しなければ、また同じことを繰り返すだけになってしまいます。本当にあなたと別れたくないのなら、彼も何らかのアクションを取ってくるはずですよ。

4. 彼の代わりに調べ物をしてあげる

「彼が電車に乗るときは時間や乗り換えを調べてスクショ。最近も『明日の天気って何?』『○○のラーメンっていくらだっけ?』と連絡が来たので教えてあげました……」(30代/経理)

▽ それこそ「ググれ!」と言いたくなってしまうコチラ。わからないことは助け合うべきですが、面倒くさいからといって押し付けるのは違いますよね。「S○riかア○クサにでも聞いてくれ」と思ってしまいます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]