そこまでやらなくても…。男性が引いてしまう「女性の自虐」3選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2019.09.16.Mon

サービス精神が旺盛な女性だと、つい会話に自虐ネタを入れがちに。でも女性として見てもらいにくくなるのはもちろん、「絡みづらい人」と思われてしまい、男性から距離を置かれてしまう可能性も……。
そこで今回は「男性が『やりすぎだよ!』と思う女子の自虐」についてご紹介します。

1. 写真を撮るときは常に変顔

・「写真を撮るときは変顔ばかりの子がいて。一度『何でこんな顔するの?』と聞いたら、『私ブスだし、変顔のほうが面白いでしょ?』と返された。普通にかわいいのにもったいないなと思ってしまった」(20代/学生)

▽ せっかくの記念ショットなのに、あえての変顔。女性ウケはするかもしれませんが、男性からすると「何でこんな顔するの!?」「普通のほうが絶対かわいいのに!」と思ってしまいます。
自信がないとつい変顔に逃げたくなりますが、乱用はビミョーかも。盛れる角度や表情を研究したほうが、自分自身も楽しくなりますよ。

2. 容姿や体型、年齢をネタにする

・「とある子が『私、○○に似てない?』と、お世辞にもカッコいいとは言えない男性芸人を挙げてきた。『似てないよ』と言っても『ほら、よく見ると鼻が同じ系統なんだよね』とグイグイ推してくる。いままでそんなこと一切思っていなかったのに、その子を見ると芸人の顔がチラつくようになってしまった……」(30代/販売)

・「職場の年上女性が『私昭和生まれなの!』『みんな平成でしょ? 若くていいね~!』と言ってくる。でもそういうのってわざわざ言う必要あるのかな……」(20代/営業)

▽ あえて見た目や年齢をネタにして、その場を盛り上げようとする女性もいますよね。でも会話に乗っかってしまうと失礼な奴になるし、かといって笑わないのは申し訳ないし……。
周囲はただただ気を使うだけになってしまいます。こういうデリケートな内容は、あえて自分から触れる必要ありませんよ。

3. 言わなくていい黒歴史を披露

・「『私、元彼のことが好きすぎて貢いでいたことがあるんだよね』『すごく重い女だったんだけど、いま思えば本当ウザいよね(笑)』など、言わなくていい黒歴史を暴露する子。ちょっとイイなと思っていても冷めてしまいますね……」(20代/IT)

▽ 恋愛面以外でも友達や両親とケンカした過去を、「私って本当に性格悪いよね(笑)」と自虐風に暴露する人も。よく言えば表裏がないってことなのでしょうが、男性からすると聞きたくなかった話かも……。
もう終わったことなのであれば、すべてを正直にさらけ出す必要はありません。いま目の前にいる彼と向き合うことだけを考えましょう。

まとめ

そもそも自虐ばかりしている女子って、自信なさげであまり魅力的ではないですよね。どうせなら自分の長所が届くように、彼に自己アピールをしてみましょう。

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]