細かいけど大事! 彼との結婚を考える上で見極めたいポイント3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2019.09.06.Fri

恋は盲目……こんな言葉がありますね。本当にその通りだなと思うことも、たしかにあります。しかし、結婚となれば話は別。盲目のまま決めるべきではありません。結婚は一生を左右する重大な決断です。結婚したあとで「こんなはずではなかった」とか「こんなひとだとは思わなかった」などと後悔することのないようにしなければなりませんから。
そこで、「彼と結婚したい!」そう思ったとき見極めるべきポイントを、既婚女性にリサーチしてみました。

(1)行動力はどの程度か?

結婚しようと口にはするものの、なかなか重い腰を上げようとしないという男性もいるようです。たしかに結婚にいきつくためには、親への挨拶から始まり、けっこうなステップ数をクリアしていく必要があります。しかしだからといってこれを面倒くさがるようでは、結婚後に「早くしてよ!」とヤキモキさせられ続ける毎日が目に見えるようではありませんか。
まずは実行力や行動力がどの程度のものか、自分の一生を彼に預けてもいいのだろうか、そしてそんなスタンスの彼の一生を背負っていけそうかどうかということまでしっかりと考える必要があります。

(2)家庭環境に対する考えかた

夫婦共働きのまま生活していくのか、それともどちらかが家庭に入るのか。家事は分担するのか、それともそのほとんどを妻に任せたいと思っているのか。子どもを希望するのかしないのか……。家庭を営むスタイルにおける、彼の希望はできるだけこと細かに知っておくべきです。
彼のご両親の話を聞くと、彼の「家庭とはこうあるべき」みたいな思考がある程度は把握できるのではないかと思います。

(3)仕事に対するスタンス

結婚によって、ふたりの生活がはじまります。気楽なひとり身の頃とは、大きく環境が変わります。そこで今まで以上に必要性を感じることになるであろうものがつまり、仕事です。
お給料や有給の取りやすさなど基本的なことはもちろんのこと、転職をする可能性の有無、現在勤めている会社への思い入れ、仕事に対する考えかたについても合わせて確認しておいたほうがいいでしょう。生活は仕事ありきで成り立つものなので、「なんとなく聞きにくい」という理由だけで話を掘り下げないというのは、あまり賢い判断だとはいえません。

まとめ

結婚相手とは、つまり人生の半分以上を一緒に歩んでいく生涯のパートナーです。ですから、彼が結婚相手として相応しいか否かというのは、かなり慎重かつデリケートにならなければならないところでもあります。ということは、やはりつまらない妥協は不要です。
いろいろと細かいことをいいましたが、けっきょくは「このひとと結婚できて、本当に幸せ!」と思えるかどうかというのが、一番大きな決め手となる部分だといえるのかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子