男性が元カノに連絡してしまいがちなタイミング3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2019.08.11.Sun

「もうすでに別れているのだから、元カノに興味なんてないはず!」普段はそう思っていても、“ふとした瞬間に彼の中で存在感を増した元カノの存在に気づく”ことって、たまにあります。その元カノが「ふん! 元カレなんて眼中にないわ」というタイプなら心配はないのですが、そうでないなら話は別。彼が元カノに連絡したいと思うタイミングを把握し、なんとしてでも阻止しなければ!
ということで今回は、男性が元カノに連絡してしまいがちなタイミングについてご紹介します。

(1)彼女とケンカをした

「彼女とケンカをしたら元カノとの楽しかったエピソードとかを思い出して、気づくと連絡してしまっているなんていうこともあります」(25歳/営業/男性)

▽ 付き合っていれば、必ず訪れるであろう“ケンカ”。絶対にケンカをしないようにするのはもはや不可能といえるでしょう。けれど、たとえケンカをしてしまっても、アフターフォロー如何によっては「むしゃくしゃしたから元カノに連絡をとろう」という彼の無茶を防ぐことができるはずです。

(2)彼女に対する不満が溜まった

「仕事で忙しい彼女に『会いたい』なんて言えるはずもなく……結果、元カノに連絡をとってしまった」(31歳/SE/男性)

▽ どんなに仕事で忙しくても、どんなに友だちと遊ぶのに夢中になりすぎたのだとしても、それが彼をおざなりにして良い理由にはなりません。彼に寂しい思いをさせないよう、くれぐれも気をつけたいものですね。

(3)彼女が男友だちと遊ぶ

「彼女が遊びに出かける先に男もいると知って、それがなんか悔しくて『俺だって、誰か女友だちと遊んでやるぜ』って感じで元カノを呼び出したりしたことはあります」(29歳/接客/男性)

▽ なにかを張り合っているのか、それとも嫉妬心ゆえの行動か、あるいはその両方なのかどうかはわかりませんが、軽い仕返しのようなノリで元カノに連絡をとることもあるようです。

キッカケとなり得る出来事の後は要注意

彼の気持ちが元カノに戻ってしまうことはできる限り防ぎたいもの。「なにがあっても大丈夫!」だなんて、彼との関係に安心しきってあぐらをかくのは少々キケンだということです。
慢心せず、なにかキッカケがあったら、彼との関係が危なくなる前にきちんと仲直りをして、彼の心をここに引きとめる努力をしましょう。彼との関係を手放したくないのなら、意地を張りすぎないことです。だって、それで良い結果にたどり着くことなんて、絶対にないのですから……。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子