こんな男に騙されないで! ヒモ系男子にありがちな言動3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2019.08.08.Thu

のらりくらりと調子の良いことを語り、少なからず女性の稼ぎを当てにして暮らす……それが、いわゆる“ヒモ”といわれる男性。「私が彼を養ってあげたいの!」と並々ならぬ決心と覚悟がある女性以外にとっては、この手のタイプの男性を彼氏や結婚相手として見るのはなかなかハードルが高いもの。
今回はそんな“ヒモ予備軍”の可能性を秘めた男性の特徴について追ってみることにしましょう。

(1)世話やき

「一生懸命に家事をしてくれていた元カレ。面倒くさい家事でも文句も言わずやってくれるし、尽くしてくれて最高だと思っていたのですが、いつのまにかうちに転がり込んできて家賃も食費も払わずのらりくらり……」(28歳/営業/女性)

▽ このあと彼から「実は専業主夫希望だ」と聞かされ、ほどなくして別れ話になったそうです。お付き合いというのは、なかなかうまくいかないものですね。

(2)調子の良いことばかり言う

「成功したら返すからと言われ、生活費を全て私が払っていました。けっきょく、有名にはなれずお金も返ってきませんでした」(31歳/販売/女性)

▽ 「もし○○したら」という言い訳ばかりする人は、少しあやしい気がしますね。もしかしたら“口が達者なヒモ気質”の持ち主かも!?

(3)金銭感覚がない

「好きなことや趣味に全ての給料を費やす彼。足りなくなると『悪いけど貸してくれない?』と言ってきます。もうトータルで20万円くらい貸していますが、返してほしいと言っても“うるさい女”扱い。もう諦めて別れようかな……」(32歳/保育士/女性)

▽ お金の算段は大人のたしなみ。“足りなければ借りれば良い”というのは、ちょっと違いますよね。しかもそれに対して罪悪感も危機感も感じないというのは、好意で貸してくれた彼女にも失礼な気がします。
ですが「好きな人が困っているなら……」とできる範囲のことであれば手助けをしたいと思う気持ちもわかります。できないことは「できない」、違うと思うことは「違う」と気丈に振る舞うことができれば良いのですが、好きな相手には厳しく注意することが難しかったりもしますしね……。

ハマると抜け出せない魅力がある!?

今回このコラムを作成するにあたりリサーチを行ったところ、ヒモ系男子には次のような特徴があることが浮かび上がってきたのです。それは“ヒモになる素質やある種の気質のようなものを持っている人は、女性に対してすごく優しく、また紳士的な人が多いようだ”ということです。
なんせ彼らは、固く閉ざしたかたくなな心さえいとも簡単に溶かすくらい朝飯前。女性の懐に飛び込むのが上手で、また「それでも仕方ないか! かわいいから許す!」と思わせる力量もあったりして。こうなると、そこから抜け出すことはなかなか至難の業だと思われます。
ヒモ系男子の沼にどっぷりとハマってしまうことが怖いのならば、そうなる前にしっかりと見極めるべく、冷静な観察眼を磨いておく必要があるのかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子