彼とずっと仲良しでいるために「してはいけない」こと5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
美佳

Written by:

2019.07.20.Sat

彼と付き合っていくうちにだんだんと素が出てくるだけではなく、我が強くなってしまうという女子は少なくありません。彼とずっと仲良しでいるために「してはいけない」ことは、当然ながらあります。ということで今回は、ずっと仲良しでいるために彼に「してはいけない」ことをご紹介します。

挑発して相手の地雷を踏む

女子の中には、刺激がほしいのか彼に甘えたいのか……時々彼にケンカをふっかけてしまう人がいます。
あえて挑発して、彼の地雷を踏んでしまうなんてもってのほかです。付き合っていくうちに、相手は何に対して怒るのかがわかってきますよね。ケンカの勢いでわざと相手が悲しむようなこと、怒りが爆発してしまうようなことを言ったって、関係が悪くなるだけでいいことは何もありません。

わがままを言いすぎる

ちょっとのわがままであれば、きっと彼からは「可愛いな」と思われるぐらいでしょう。ですが、どんなことだって程度というものがあります。彼が優しい性格で何を言っても「はいはい」と聞いてくれる人だと、つい甘えすぎてしまうかもしれません。ですがつねにそんな態度をとっていたら、破局の危機がいつおとずれてもおかしくありませんよ。

不機嫌を長引かせる

一度不機嫌になったらなかなか機嫌が戻らない……というのも女子にはよくあることですが、これも円満な関係をキープするためにはNGな行動です。
彼が浮気したなどよほどひどいことをされたのなら話は別ですが、例えばLINEの返信がちょっと遅くなったくらいでいつまでも不機嫌でいるというのでは、彼だって疲れてしまいます。もういい大人なのですから、自分の機嫌ぐらい自分でとれるようにしましょう。

相手に完璧を求める

「もっとこうして!」「なんでわかってくれないの?」など要求する言葉ばかりを発し、相手に完璧を求めてしまうと、どうしても関係が壊れやすくなります。彼は自分を満足させるためだけに存在しているのではありません。
彼もできる限りのことは彼女のためにしてあげたいと思うでしょうが、いろんなことを求められすぎてしまうと「もう俺にはこの子を幸せにできない……」と、さじを投げられてしまいますよ。

愛情の出し惜しみをする

愛情の出し惜しみもしてはいけません。別れてから「なんであの時もっと……」と後悔するハメになるのは、目に見えています。彼のことが好きならば、恥ずかしがらずに愛情表現をしましょう。自分のほうが有利な立場でありたいがために、つい駆け引きをしてしまう女子もいるでしょうが……心から彼に愛情を注いだほうが、お互い幸せなはず。

記事を書いたのはこの人

Written by

美佳

美佳です。 元銀座ホステスです。 都内のどこかに ひっそりと生息してます。 顔はご想像にお任せします。
風水鑑定士/西洋占星術士/数秘術鑑定士
ゆるーくブログをはじめました。https://mika-blog.amebaownd.com