友達以上恋人未満の関係から「一歩先」に進むためのヒント4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2019.07.10.Wed

友達以上の気持ちがあるのに、お互いに歩み寄れない……そんな状態に悩んでいる人も少なくないですよね。あと一歩の勇気がなかなか出ないというのが本音ではないでしょうか? そんな中途半端な状態から脱出するためには「相手に意識させること」が必要! というわけで今回は、「友達以上恋人未満から一歩先に進むためのヒント」をご紹介します。

(1)ふたりのときは女性らしさを意識

みんなでいるときと、ふたりだけのときにギャップがあると「恋愛感情につながりやすい」という声も目立ちます。ふたりで会うときには、いつもより「女性らしさ」を意識したファッションと振る舞いをして彼をドキッとさせることも大切ですよね!

「女友達って異性として見ていないことも多いけれど、ふたりで会ったときにいつもより女性らしい格好をしていたり、振る舞いが可愛かったりするとドキッとして恋心に発展することもある」(31歳・メーカー勤務)

▽ ふたりで会うときには、普段より女性らしい言動を意識してみましょう! 服装も可愛らしくするなどギャップを演出すると効果的!

(2)軽く嫉妬させてスパイスに

嫉妬は恋のスパイスという声も! やりすぎるとドン引きされてしまいますが、たまにはヤキモチをやかせることで「あれ? 俺もしかして好きなのかな」「自分のものにしたい」と恋心に火をつけることができるものなのだとか!

「自分と一番仲がいいと思っていたのに、他の男友達とも仲よくしていたら『なんだよ』って嫉妬しちゃいますよね。俺が一番じゃないのかよって、刺激されてしまう。わざとらしいやつはNGだけど、軽く嫉妬させるのって手っ取り早いかもね」(32歳・商社勤務)

▽ 彼が一番と思いつつ、あれ? 他の男とも楽しそうに話している……という軽い嫉妬なら一歩踏み出させるきっかけになることも!

(3)好意をほんのりアピールする

鈍感なタイプの男性なら「好意をやんわり伝えるべき」という声も多数! 女友達から好意を寄せられて嫌な気になる人は少ないもの。さりげなく「○○さんが彼氏だったらいいのに」「一緒にいると楽しい」など、ほぼ告白的なセリフで恋心を刺激することも大事です。

「男って鈍感というか、『俺には興味ないだろうな~』って思うこともあるので、一緒にいるとものすごく楽しいとか落ち着くとか、好意をさりげなく伝えてくれると『これは脈アリ!』と勇気が出て告白しやすくなる」(30歳・出版社勤務)

▽ もしかして俺のこと好きなんじゃ……と思わせないと始まらないという意見も目立ちました。好きとストレートに言えなくても好意はやんわり伝えましょう。

(4)軽いボディタッチでドキッ

ボディタッチを軽くされると「意識してしまう」という声もあります。ベタベタ触れられると「怖い」と思われてしまいNGですが、話しかけるときに軽く腕や背中に触れてみる程度ならOK。手と手が触れる瞬間にドキッとしたりして、恋愛感情が燃え上がることも!

「ベタベタ触れられると怖いですが、ちょっとした軽いボディタッチはドキッとします! 女友達が喜んでテンション上がって軽くハグしてきたときに、めちゃくちゃ意識した」(31歳・証券会社勤務)

▽ 「うれしい~」と喜びながらハグしたり、何かを渡すときに手に触れたり。接触することで友達以上の感情が芽生えて、一歩進めるかもしれません!

まとめ

こんな言動を意識すると「もっと近づきたい」「手に入れたい」と彼の恋心を刺激して、関係が一歩先に進む可能性が高くなるのだそう。気になる彼と友達以上の関係になりたい場合は、先に進むための「さりげない工夫」を取り入れてみましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm