結婚後もラブラブ…「本物の愛」で強く結ばれたカップルの特徴4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
美佳

Written by:

2019.06.17.Mon

「付き合っている=愛し合っている」になるか、と言ったら必ずしもそうではないですよね。たった一回の些細なケンカで別れてしまう絆の脆いカップルもいれば、何があっても離れることなく結婚後も幸せなカップルもいます。ただの恋なのか、愛のある関係なのかは、二人の間に起こることでわかりますよ。
ということで今回は、本物の愛で強く結ばれたカップルの特徴についてご紹介します。

本物の愛で強く結ばれたカップルの特徴

無理せず自分らしくいられる

譲り合いが大事と言いますが、誰にだって譲れないことの一つや二つはあるもの。どこまで譲れるか、どこまで許せるかがカギになります。譲ったり許したり、お互い無理のない範囲で付き合っていけるのなら、相性が元々いいのもありますが、二人とも思いやりの気持ちが強いのでしょう。思いやりがあるだけで素直な気持ちにもなりやすく、自分らしさを出せたりしますからね。
自分らしくいられるうえ、相手のこともしっかり考えてあげられる関係は、本物の愛で強く結ばれていると言えるでしょう。

精神的に安定している

彼と口論が多かったり、彼が浮気性だったり……何かと不安が絶えない関係というのは、精神的に安定せず、愛情なんてそう感じないもの。その逆に、お互い浮気することなく誠実でしっかり向き合っている関係なら、不安になることも少なく精神的にも安定しやすいです。
安心感のある関係は刺激が少ないでしょうが、その代わりに愛情のおかげで精神的に安定するし関係も壊れにくく、何かあってもお互いの誠実性で乗り越えられたりします。交際してからあなたの情緒が落ち着いていていると感じるのなら、本物の愛で強く結ばれている証拠です。

遠距離になっても心が離れない

遠距離になった途端「なんか冷めてきちゃったな……」と思うのなら、二人の間に強い愛情はなかったのかもしれません。しっかりとした愛情のある関係ならば、物理的に距離が離れても心の距離は離れません。
簡単に心が離れてしまうのは、相手のことを心から愛していたのではなく、単に恋に恋していたから。心から愛していたのなら、距離が離れてしまったことで相手のことを考える時間も増え、愛情が強まったりするものです。

束縛せず自由を奪わない

相手を束縛してしまうのは愛というよりも単なる執着。本当に相手のことを思っているのなら、相手の自由は奪わないはずです。自由は奪わず何かあったらしっかり支えるし、二人でいる時は一緒に楽しむし……と、親友のような関係が築けているのなら、本物の愛で繋がれていると言えるでしょう。
気を付けたいのは、「自由にさせる」と「放置」は似て非なるものであるということ。例えば、ケンカをしたくないからといって、二人の間に潜む問題を見て見ぬフリをするというのは放置です。放置は愛を冷めさせてしまいます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

美佳

美佳です。
元銀座ホステスです。
都内のどこかに ひっそりと生息してます。
顔はご想像にお任せします。

ゆるーくブログをはじめました。
「お後がよろしいようで!」https://mika-blog.amebaownd.com