“うつ伏せ”は独占欲が強い!? 寝相で分かる深層心理!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
原桃子

Written by:

2019.06.03.Mon

睡眠中にはその人の深層心理があらわれるといわれています。あなたはいつもどんな体勢で寝ていますか? 寝相で分かる深層心理をチェックしていきましょう!

あなたが寝るときの体勢は?

タイプ1: 仰向け

堂々と仰向けで寝る人は「王さま」タイプ。自分に自信を持っているオープンな性格の人に多いです。子どものように無邪気なタイプなので、うっかり失言してしまうことも……。
それでもいろんな人に話しかけることができるので、多くの友人に恵まれます。明るくて堂々としたところが魅力ですが、やや自分本意なところも。ワガママの言い過ぎはほどほどに。

タイプ2: うつ伏せ

うつ伏せで寝る人は、空気を読み人間関係を大切にするタイプ。しかし、内心は自分中心で物事を進めていきたいと思っていることも……。
仕事が丁寧なので周囲から信頼されていますが、きっちりした性格が災いしてルーズな人にイライラしたり、他人のミスを許せずストレスを抱えてしまうこともありそうです。恋人に対しては独占欲が強く、つい束縛してしまうかも。

タイプ3: 横向き

自然な横向きの体勢で寝る人は、穏やかで安定したタイプ。感情的になることも少なく、周囲に安心感を与える人です。協調性もあるので、人間関係でもバランスよく適度な距離感で振る舞うことができるでしょう。
誰から見ても「いい人」ですが、相手に合わせすぎて優柔不断になってしまうこともありそうです。

タイプ4: 胎児型

横向きで体をギュッと丸める、胎児のような体勢で寝る人は、心配性で警戒心の強いタイプ。人見知りで自分の殻に閉じこもってしまうところがありますが、いったん心を開くと一気に甘えん坊になるでしょう。
恋人とはいつも一緒にいたいし、守られたい願望も強め。自分の世界に入り込むところがあるので、芸術方面での才能が開花することもありそうです。

タイプ5: 抱きつき型

抱きまくらやぬいぐるみに抱きついて寝る人は、実はすごく高い理想を持っているタイプ。理想と現実の違いに悩んでいるときほど、何かに抱きついて眠りたいという欲求が高まるのです。目標を達成できずにストレスを抱えている状態かも……。
恋愛ではヤキモチやきなタイプが多いでしょう。嫉妬が原因で恋人とケンカを繰り返してしまうことも。

タイプ6: とらわれ型

足首や手首をクロスした状態の横向きで寝る「とらわれた人」のような寝相。この体勢で寝る人は悩みがある状態です。現在、人間関係や仕事がうまくいっていなかったり、トラブルを抱えているのかも……。パートナーがこの体勢で眠っていたら、しっかり話を聞いてあげましょう。

タイプ7: 土下座型

うつ伏せの状態でベッドにひざまずき、背中を丸めて「スフィンクス」のような体勢で寝る土下座型。非常に珍しいですが、実は子どもに多い寝方です。まだ寝たくない、もっと遊びたいという心理状態のあらわれ。
大人の場合は、重度の不眠に悩まされている場合もありそうです。

無意識の状態だと、人の心理状態が出やすいもの。ぜひパートナーの寝相もチェックしてみてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

原桃子

アラサ―OL、フリーライター。
いつだって自分らしくマイペースに生活中。
悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。