自然体でいられる! 女性陣が「この彼氏といるのラクだな」と思った瞬間4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2019.05.26.Sun

長く交際していても、何となく彼に気をつかってしまう女性もいるはず。しかしそれとは反対に、彼とはまだ出会って浅いのに、まるで実家のようにリラックスできる場合も。これってやはり彼の性格や、フィーリングが関係しているのかも。そこで今回は「『この彼氏といるのラクだな』と思った瞬間」について、女性陣にリサーチしてみました。

1. 沈黙でも気まずくない

「元カレとはなぜか沈黙が気まずく感じて、私が一方的に話していることが多かった。でもいまの彼とは沈黙でも全然平気で、むしろ落ち着いていられます」(20代/一般事務)

▽ そもそも沈黙が怖いのって、相手が何を考えているかわからないから。「もしかしたら怒っているのかな?」「つまらないって思われていたらどうしよう……」とマイナス思考になる要因があるのでしょう。沈黙でも気まずくないのは、信頼関係が築けている証。そのため彼とは安心した生活が送れるでしょう。

2. ノリ良くツッコんでくれる

「私がいきなりお笑い芸人のマネをしても、ノリ良くツッコんでくれるところ。いままでの彼は冷めた目で見るタイプが多く、素が出せなかったので楽しいです」(30代/カフェ店員)

▽ 男性の中には「やめなよ……」とドン引きしてくる人もいますもんね。一緒に盛り上がってくれると、それだけでうれしくなります。結婚してもきっと、笑顔が絶えない家庭になるでしょう。「こんなくだらないことで盛り上がれるなんて最高だな~!」と、家にいながらも充実感さえ感じられそうです。

3. いち早く察知してくれる

「私が内心『このパフェ気になるけれど、大きくて食べきれないよなぁ……』なんて思っていると、いち早く察知して『○○ちゃんデザート好きでしょ? 残したら俺が食べるし、好きなの頼みなよ!』と言ってくれること。私の考えていることを理解してくれて、本当に助かっています」(30代/BA)

▽ 付き合いが長くなると、相手の考えも何となくわかってきます。こういう小さいけれどさりげない気遣いがあると、安心して彼と過ごせますよね。とはいえ基本は言わないと伝わらないことだらけ。思ったことは言葉にしつつ、少しずつ理解してもらう努力をしましょうね。

4. 干物姿でも何も言われない

「すっぴんちょんまげ姿で1日家にいても、特に何も言わず受け入れてくれる彼。ラクすぎて彼以外と住むのは考えられない……」(20代/営業事務)

好きな男性に干物姿を見せるのって、抵抗があるもの。そのためつい家の中でもキレイな格好をして、疲れてしまう女性も多いのでは? でもどんな服装でも何も言わず、普段通り接してくれる彼には感謝。「こんな心の広い彼は、他にいないかもしれない!」なんて思っちゃいます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]