“ダメダメな恋愛”から私たちが学んだこと5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2019.05.23.Thu

うれしいことや楽しいことだけじゃないのが恋愛の奥深さ。過去を振り返ってみても失敗や嫌なことがたくさん思い出される、なんてことはありませんか。でもそんな経験も振り返ってみれば何かを教えてくれるはず。ということで今回は、ダメダメな恋愛から私たちが学んだことをまとめてみました!

ダメダメな恋愛から私たちが学んだこと

1. 自分が恋人に求める素質をはじめにはっきりさせておくべき

過去の恋愛がうまくいかなかった原因を探ってみると、結局いきつくのは相手選びのミスマッチ。相手に何を求めているのか、はっきりしないまま勢いや“好き”という感情だけで突っ走った結果、お互いの性格や価値観の違いに我慢できず、すぐに破局してしまうのです。
まずは恋人として相手に何を求めるか、自分でもはっきりさせておきたいところ。優しさ・穏やかさ・刺激など、何を重要視するかによって、相手選びも変わってきます。

2. 支えることと相手を甘やかすことは違う

恋人としてパートナーとして、相手のことを心配し、支えてあげるのは当然のこと。特に優しく思いやりのある女子ほどそう考えて、相手に献身的な態度で接しようとします。でもその思いが強すぎると、かえって共依存というベタベタの関係となり、お互いにとって良くない結果を招くことが多いのです。
相手を精神的、経済的に支えることと甘やかすことは違うことを忘れないで! 尽くしすぎることが愛情とは限らないのです。

3. 不幸な恋愛関係を続けるよりおひとりさまでいるほうがずっといい

恋人と一緒にいて100%幸せを実感できなくても、ひとりでいるよりはマシ、そう思ってやり過ごしていたことはありませんか。
でも不幸な恋愛に留まり続けるよりは、いっそ別れてしまったほうが精神的にも解放されるし、次の恋に目を向けることができます。今の恋に留まっていても幸せになれそうにない、将来がまったく見えないし不安というなら、いっそ思いきって別れを選びましょう。勇気がいりますが、後悔はしないはずです。

4. “危険サイン”は見過ごしたりせず早めに気づくようにする

彼が元カノの話ばかりする・酒グセがかなり悪い・彼がやたらとお金をせびってくる……こうした恋人として相応しからぬ“危険サイン”があっても、見てみぬふりをして結果的に痛い目にあった経験はありませんか。“好き”という気持ちばかり重視していると、こうしたサインがあってもあえて封印しがち。
でもそうしていても状況は好転しません。危険サインがあったら早めに判断する、それがダメダメな恋愛を長続きさせないコツです。

5. 自分は思ったより強い! だから幸せな恋愛が相応しいはず!

失敗だらけの恋人選び、せっかく付き合ってもケンカばかりの日々……自分の恋愛運のなさを嘆いたこともあったでしょう。でもあなたはそれを乗り越えてきたのです。自分自身の精神的なタフさにもっと自信を持ちましょう。
ダメダメな恋愛を断ち切って、前を見て進もうとする気持ちがあれば、もっと幸せな恋愛が自分には相応しいし、自分にはそれだけの価値があると分かっているはず。かならず幸せな恋ができると信じることが大切です。

▽ 参考記事(海外サイト):7 Things A Toxic Relationship Will Teach You About Love

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。