女性陣が「もう恋なんてどうでもいい!」と思った瞬間・4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2019.05.18.Sat

好きな人や彼氏がいるだけで、毎日がバラ色になるもの。でもそれを承知の上で、「恋は疲れるし、当分彼氏はいらないかな」と思うこともありますよね。そこで今回は「『もう恋なんてどうでもいい!』と思った瞬間」について、女性陣の意見とともにご紹介します。

(1)彼氏に裏切られた直後

・「結婚も考えていた彼に、浮気をされたとき。もう男なんて信じられないし、当分彼氏はいらないって思った」(20代/通信)

▽ 一度信じていた人に裏切られてしまうと、そこから立ち直るのは時間がかかるもの。トラウマになってしまい、かりに好きな人ができても一歩踏み出せなくなってしまいます。人生に関わってくることですし、ある意味彼の罪は大きいですよね。

(2)仕事や趣味に没頭しているとき

・「最近仕事が軌道に乗って、どんどん楽しくなってきた。彼氏がいたら時間を取られちゃうし、いまは恋はしたくないかな」(20代/フリーランス)

・「2次元大好きな私は、休日もアニメやマンガを見ていたい。でもいままでの彼氏に理解されないことも多く、だったら恋人はいらないかなって思った」(20代/住宅)

▽ 仕事や趣味に没頭していると、それ以外は入ってこなかったりしますよね。特に「そんなに仕事頑張ってどうするの?」「この趣味のどこがいいの?」など、一方的に批判してくる男性もいます。余計なことを言われるたびに、恋愛への意欲は遠ざかっていきます。自分の時間が満喫できているのであれば、恋はお休みしてもいいでしょう。

(3)フリーの女友達と遊んでいるとき

・「彼氏持ちや結婚している友達と会うと『私も早く彼氏作らなきゃ!』と焦るんだけど、シングル同士で遊んでいると『別に男なんて要らなくね!?』って思っちゃう。でもそうやってつるんでいた友達も、少しずつ独り身を卒業しています」(30代/人材)

▽ 気の合うシングル友達と遊んでいると、「彼氏がいなくても十分幸せじゃん!」という気持ちに。結果、恋愛からどんどん遠ざかっていきます。恋愛至上主義になるのも問題ですが、次々と仲間が結婚していく姿を見て、「もっと早く恋活すべきだった……」と後悔するのも避けたいもの。友達と恋愛は、バランス良くいきたいものですね。

(4)しっくりくる男性がいないとき

・「街コンやアプリ、友達の紹介など。色々試してみたけれど、しっくりくる男性がいなかった。時間とお金もかかるし面倒くさくなって『もう恋なんてどうでもいいや』と思ってしまった」(30代/通信)

▽ いわゆる「恋活(婚活)疲れ」により、恋愛への意味を見出せなくなったパターン。でも「いまは彼氏いらないかな」と思ったところに、出会いが舞い込むとはよく聞きますよね。「出会いはあるんだけれど、何かしっくりこないな」と思うときは、無理して付き合うべきではないでしょう。次にくるご縁に向けて、席を空けておきましょうね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]