家事でケンカなんてもうイヤ! 余計な摩擦を生まないためのヒント5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2019.05.10.Fri

せっかくカップルとして一緒に住んでいるのに、家事が原因で相手とケンカになったり、揉めたりしたらとっても残念ですよね。でも毎日のことなので地味にストレスをためている人も多いのです。
今回はそんなふうに、家事で余計な摩擦を生まないためのヒントについてまとめてみました!

家事で余計な摩擦を生まないヒント

(1)「何をどこまでやるべき」なのかそれぞれの考えを話し合っておく

一口に家事と言ってもその内容は実にさまざま。例えば掃除と言っても、どの程度のキレイさ、完成度を求めるか、というのも人によってかなり違います。ピカピカに磨き上げるまでを掃除という人もいれば、とりあえず片付いていればOKという人もいるでしょう。
ですから、まずはやるべき家事を話し合ってリストアップ。さらにどこまでやるべきか、ということもよく考えて、お互いの意見を一致させておきたいものです。

(2)「名前のない家事」も存在することを知っておく

「やるべき家事をリストアップ」というと一見すぐにできそうな気がしますが、じつは名前のない家事がいくつも存在するのが厄介なところです。
床の散らかったものを片付ける、トイレットペーパーの補充、玄関の靴の整理など、わざわざ家事と意識しなくてもやっていることが多々あるはず。そうした作業も積み重なればそれなりの時間と労力になっていくから、カップルでの家事は揉めやすいのです。

(3)家事分担をしても、がちがちにルールで縛る必要はない

カップルで家事をするならお互いが気持ちよく日々過ごせるように、分担することが必要でしょう。でもその分担とは必ずしも平等に半分ずつである必要はないし、ふたりのライフスタイル、性格や習慣に合わせてベストな形を模索していけばいいと思います。
とはいえ、がちがちにルールで縛るのはお互いストレスになるので禁物。「忙しそうだから、私がやっておこう」というのもアリだし、パートナーとして融通を利かせることも大切です。

(4)相手が家事をするのを当然だ、なんて態度はとらず「ありがとう」という気持ちを表す

家事が原因でケンカに発展しまう一番の原因は「自分はこんなにやっているのに、相手はちっともそれに気づいてくれない」という不満でしょう。
相手に対する気遣いや思いやりがなくなってしまうと、ついそれが態度にも表れてしまうのです。そんなことでせっかくの関係がギクシャクするなんて、とてももったいないと思いませんか? 家事分担をしているとはいえ、相手に「ありがとう」と言葉にするだけで、印象もだいぶ違ってきます。

(5)時には手抜き家事したくなることもあるし、お互い寛容になる

家事について完璧を求めると、どうしたってハードルが高くなり、お互いにとってストレスの原因となります。たとえ自分の思い通りでなくてもとりあえず合格と思うようにしたり、時には手抜き家事でもいいと寛容な気持ちを失わないようにしましょう。
大切なのはお互いが心地良く過ごせる環境づくり。あまり自分だけで高い理想を求めすぎないよう自分でも気をつけたいものです。

▽ 参考記事(海外サイト):How to Split the Chores With Your Partner (& Keep the Peace!)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。