失敗も糧になる? 若さゆえの恋の過ち【前編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2019.04.19.Fri

恋愛に失敗はつきもの。冷静になって考えると「どうしてあんなことしたんだろう……」と思うことも、当時は真剣でしたよね。失敗を乗り越えて、いまの幸せを手に入れた人もいるはず。そこで今回は「若さゆえの恋の過ち」についてご紹介します。

若さゆえの恋の過ち

1. 尽くしすぎた

「憧れだった先輩と付き合えたのがうれしくて、毎日お弁当を作ったり、定期的に部屋の掃除をしてあげていた。でも先輩から『ちょっと重いんだよね……』と言われてしまいました」(30代/接客)

▽ 彼のことが好きだからこそ、なんでもしてあげたくなります。特に若いうちは加減がわからず、あれこれ尽くしてしまいがちに。結果、彼から「重い」とフラれることに……。そのときはじめて「尽くしたからといって、喜んでもらえるわけじゃないんだな」と気づくのです。

2. 恥ずかしくてそっけなくしすぎた

「高校生のとき初彼ができたのですが、恥ずかしすぎて目も合わせられなかった。結局、『俺のこと好きじゃないんでしょ?』と言われ、フラれました。本当は彼のこと、大好きだったんだけどな……。いまでも軽く後悔しています」(20代/IT)

▽ 大人になったいまでもドキドキする男性とのデート。交際経験がない当時は、緊張しすぎて頭がパニックになったものです。
でももしかしたら、彼らは私たちが思う以上に、「デートを成功させなきゃ!」とプレッシャーを感じていたのかも。だからこそ女性のそっけない態度にショックを受け、別れを選択したのかもしれません。

3. 彼色に染まりすぎた

「エビちゃん系を目指していたのに彼氏ができた途端、彼好みのロックテイストになった私。友人にはいまでもネタにされます……」(30代/金融)

▽ 「彼の好みに合わせたら、いまよりもっと好きになってもらえるかな?」と期待したあのころ。たしかに掘り返されたら恥ずかしいですが、純粋でかわいらしいですよね。大人になったいまでもたまには彼の好みを意識したら、きっと喜んでもらえるのではないでしょうか。

4. 友達より恋を優先してしまった

「彼氏ができて浮かれすぎてしまい、友達をおざなりにしてしまった高校時代。周囲からも軽く距離を置かれていました。でも高3の夏に彼と別れたのですが、みんなこんな私に優しくしてくれて。それを機に、友達は大切にするべきだと学びましたね」(20代/アパレル)

▽ 特に初彼は何もかもが新鮮で、ついのめり込んでしまいがちに。「友達より彼氏といたほうが楽しい!」と何もかも彼氏優先にしてしまうことも。でもそんななか、改めて友達の大切さに気づける瞬間が。そこを乗り越えてこそ、私たちはひとつ大人になったといえるのかもしれませんね。

まとめ

みんな一度くらいは恋愛にハマってしまい、周りが見えなくなった経験があるようですね。「若さゆえの恋の過ち」は、後編に続きます!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]