経験者に聞いた! 同棲をしてみてよかったこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2019.04.01.Mon

好きな人との付き合いが深まってくると、同棲の話が持ち上がってくることもあるもの。特にお互いに自立している大人だと同棲をしたほうがなにかとメリットがあることもありますよね。一方で、結婚も決まらないままだらだらと同棲を続けることで不満をもつ人もいます。ここでは、同棲をしてみてよかったことを聞いてみました。

同棲をしてみてよかったこと

好きな人と毎日会える

「一番は好きな人に毎日会えること! 仕事から帰ってきたら一緒にいられるのは大きいかな。お互いに忙しくて休みを合わせにくいけど、同棲をしているから毎日少しでも顔を合わせて話せるのがとにかくうれしい」(20代/IT)

▽ もっとも多かったのは、好きな人と毎日会えるというもの。恋愛をし、同棲をするうえでこれ以上幸せな回答はないのではないでしょうか。好きな人とはずっと一緒にいたいと思うもの。朝起きて顔を合わせることができること、待ち合わせをせずに毎日会えることは同棲をするうえでのメリットのようです。

なんとなく結婚を意識するようになる

「同棲って生活だから、一緒に暮らしているとなんとなく生活がイメージできて、結婚を意識するようになる。お互いにそれなりの年齢だから、結婚のお試しとして同棲を始めたけど同棲をしたことで一層結婚への意識が強くなったし、お互いにやっていけるなって自信がついた」(30代/看護師)

▽ お互いに適齢期で結婚を意識しやすいという声もありました。同棲は恋愛のような甘いときめきだけではできません。お互いの生活スタイルをすり合わせていく作業が必要です。そのうえで、お互いに結婚を意識しやすい同棲にはメリットがあるのかもしれませんね。

家賃が安くすむ

「家賃を折半するから単純にお家賃が安くすむ。それでいて、ひとりでは住めないような広さの家に住める。家の環境に関してはメリットしかないと思う」(20代/販売)

▽ ひとりでは住めないような広い家に住める可能性があるのも同棲ならではのメリット。家賃は折半になることも多いので、単純に家賃に出せる金額が増えます。よって、ひとり暮らしをするよりも広い部屋で満足のいく家に住める確率もアップするようです。

一緒にテレビ番組を見て笑える

「バラエティ番組を一緒に見て笑えることかな。ひとりで見てゲラゲラ笑うのも楽しいけど、相手がいるともっと楽しいから。くだらないことで笑えるだけですごく幸せだなって感じる」(20代/公務員)

▽ ひとりで見ても笑える番組は、きっと好きな人と見ればもっと楽しくなるはずです。一緒に笑いながらテレビを見れる相手がいるというのはいいですね。

体調を崩したときに心強い

「仕事によるストレスで体調を崩していたとき、一緒に住んでいた彼が色々と助けてくれたおかげで回復できた。ひとりだったらしんどくて耐えられなかったと思う」(20代/広告代理店)

▽ ひとり暮らしだと体調を崩したときに心細くなるものです。しかし、相手がいれば心強いもの。また、買い物などできないことをしてくれるという面でも一緒に暮らしていてよかったと感じるようです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれ。ライター/コラムニスト。

メディア、広告の編集者を経てフリーライターに転身。
大学在学中からコラムの仕事を始め25歳で結婚。
コラムでは恋愛、婚活、ママ、子育てのジャンルをメインに執筆。

twitter:https://twitter.com/rizuko21
mail:[email protected]