仲良しカップルには秘訣がある! 円満に恋愛を続ける上で大事なこと5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
美佳

Written by:

2019.03.11.Mon

お互い両思いで交際が始まっても、付き合ってからマンネリになる一方で、お互いの至らない点が気に障りケンカばかり……ではだんだんと情熱が失われ、破局が近づくだけ。大好きな彼と付き合っても円満に続けるにはお互いの努力や工夫は大事です。そこで今回は、円満に恋愛を続ける上で大事なことをご紹介します。

円満に恋愛を続ける上で大事なこと

二人以外の時間も大事にする

大好きだからといって四六時中一緒ではマンネリも早くやってくるし、距離が近すぎて相手の至らない点が気になってしまうでしょう。それでは円満な関係は続きません。円満な関係を築きたいのなら、一緒の時間もそうですが、それぞれの時間も楽しむべき。程よい距離をとってそれぞれのコミュニティを大事にした方が、お互いの良さも再確認できて関係も続きやすいです。

意地を張らず、素直な気持ちを伝える

意地を張っては関係が悪くなるばかり。いい関係を長く続けたいのであれば、意地は張らずに素直な気持ちで接するべきです。意地を張って本音を隠しても信頼関係はできません。いいこともそうですが、悪いことも言葉を選んで話すべきかと思うのです。
何を考えているかわからない関係よりも、何を考えているか把握できている関係の方が長続きしますから。

お願いはしても命令はしない

「相手に期待するのは良くない」とも言われますが、好きな人に一切期待しない人なんていないし、好きな人に一切期待されていないと思うのも切ないですよね。
ちょっとの期待はしていいと思うし、言葉で伝えていいと思うんです。ただ、伝える時は「○○してほしいな」などやわらかめに。「○○してよ!」と命令系にしてしまうと、二人の関係にヒビが入るだけです。

相手の立場になって考えることを忘れない

円満な関係を続けたいのであれば共感能力は大事。相手の立場になって考えることを忘れてしまうと、ひどい場合「あの人は私(俺)の気持ちをわかってくれない」と心を閉ざして、二人の間に距離ができてしまうことも。
きっとどのカップルも、交際当初は相手を思いやる気持ちが強かったと思うんです。慣れから徐々に自分本位になってしまえば、いい関係も築きにくくなります。“親しき中にも礼儀あり”というように自分のことばかりでなく相手のこともしっかり考えましょう。

終わった悪いことは蒸し返さない

ケンカをしてもいいと思います。けれど、終わったことはもう蒸し返さないことです。もし、彼があなたの傷つくことをしてしまっても、ちゃんと謝って反省したのなら心から許してあげることが一番かと思います。
ふと何かの拍子に、傷ついたことを思い出してつらくなることもあるかもしれませんが、それを蒸し返してもいいことは何もないです。蒸し返されたら彼だってつらいですから、終わったネガティブなことはもう蒸し返さないこと。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

美佳

美佳です。
元銀座ホステスです。
都内のどこかに ひっそりと生息してます。
顔はご想像にお任せします。

ゆるーくブログをはじめました。
「お後がよろしいようで!」https://mika-blog.amebaownd.com