LINEの返信がないときに! さりげない「催促パターン」4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2019.02.26.Tue

気になる男性にLINEを送ったのに、返信がないと「どうして?」ともやもやしてしまうものですよね。
とはいえ返信を催促するとウザがられそうだし……とそのまま放置してしまうことも! ですが関係を進めるためには「次の1歩」が大切ですよね。というわけで今回は、男性たちの意見を参考に「LINEの返信をさりげなく催促するヒント」をご紹介します!

LINEの返信の催促方法

1. 他の話題を持ち出す

返信がないときに「まだ?」とせっつくと、「プレッシャー」を与えてしまうこともあります! また「別の話題」を送信してみると、「返信忘れていた!」と気づくことも多いのだとか。
別の話題に変えれば「気まずさ」がなく、さりげなく返信をもらうことができるという声も!

「悪気はないのですが、忙しすぎるとつい返信を忘れちゃう。あと内容的に返信が必要ないとスルーしてしまったり! そこで催促するより『そういえばさ』と別の話題をくれると、それに返信しやすいし気まずさもないです」(31歳・通信会社勤務)

▽ 「相談があるんだけど……」など別な話題に切り替えて「次に行こう!」という姿勢の方が成功しやすいそうです。

2. しばらくして「元気?」

返信が返ってこないときに、すぐ「返信まだ?」と聞いてしまうより、しばらく寝かしてから「元気?」など改めて声をかけた方がいいという声もありました! 急ぎの用事でなければ1週間ほどたってから、「さりげなく催促」がありがたいのだとか!

「未読がどんどんたまっていくと恐怖。1週間くらいたってから『元気?』と連絡がくると、『ごめん返信まだだった!』って気づくこともよくあります。すぐに催促しない方がいいかも」(33歳・メーカー勤務)

▽ 返事がないとすぐに連絡したくなりますが……忙しい場合が多いのであえて「放置する」ことも大切です。

3. 軽く「おーい!」とひと言

「返信まだですか?」とプレッシャーになる言葉をかけるよりも、「おーい」「もしもーし」など軽いひと言で冗談っぽく連絡をすると気まずくなくて助かるという声もありました! 単純に返信をし忘れているケースも多いそうなので、これは効きそうですね!

「忙しすぎて返信できないときって結構ある。そういうときに『おーい!』とか軽いひと言なら嫌味にならないし、むしろ笑えます」(31歳・商社勤務)

▽ 長い文章は返信が面倒なので、冗談で「もしもーし!」などシンプルなひと言だけの方が負担にならないという声も。

4. 生きてる? と安否確認する

しばらく返信がないときに「生きてる?」「大丈夫?」など心配をしている言葉を送ると、「さすがにリアクションします」という声もありました。安否確認を装って「ちょっと心配だから念のため」など嫌味にならないようにしたいですね!

「突然『大丈夫? 生きてる?』とか連絡がくると『心配してくれていたのか!』ってなるし、さすがに返します。男って単純に返信忘れることが多いですからね(笑)」(30歳・飲食関連)

▽ ずっと返信がないことに「心配する気持ち」でひと言送ると、「やさしさ」も感じられるのではないでしょうか?

まとめ

LINEの返信がなくてやきもきすること、誰でも1度くらいありますよね! あくまでも「さりげなく」「さわやかに」が大切という声も目立ちました。怒るような長文を送ったりすると「プレッシャーで返せない」と追いつめてしまうので、サラッとひと言送るくらいがちょうどいいですね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm