世の中って不公平…!「これって美人にしかできないことだよな」と思うこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2019.02.23.Sat

巷で言われるよくあるモテテク、「ふーん」なんて読み漁りながらも、「こんなの美人にしかできないことだよな」なんて思ったことがある人もいるのではないでしょうか? 自分に自信があり、周りからも美人だと思われている女性だからこそできる言動ってありますよね。
ここではそんな「美人にしかできないことだよな」と思うことを聞いてみました。

美人にしかできないこと

1: じーっと見つめてニコッと笑う

「気になる人の目をじっと見つめて、思わせぶりにニコッと微笑むっていうモテテク。絶対美人にしかできない! 1回、素直に信じてやってみたら『どうしたの? 何笑ってるの?』って突っ込まれてめちゃくちゃ恥ずかしかった(笑)」(20代/学生)

▽ 好きな人や意中のお相手の目をじっと見つめて微笑む、モテテクの王道として使われる技ですよね。しかしこれでドキッとするのは相手が美人だからです。
普通の人がいきなり目を見つめてきて、唐突に笑われても「なんなんだ?」と疑問しか浮かばないもの。落とすためにやったのに失敗したら恥ずかしいものです。

2: ツンデレ

「そっけなくして、ふたりのときだけデレるっていうやつ。美人がやるからそそられるだけで、美人じゃない人がやったらただの感じが悪い人になる。やっぱりビジュアルが普通の人は、愛想良く振る舞ったほうが良いと思う」(20代/フリーター)

▽ 大勢の前ではツンとしたり、そっけない態度をとりつつ、ふたりのときはデレる。彼女にはそんなツンデレを望む声もありますが、本当にそうでしょうか。
普通の顔の人が大勢の前でそっけない態度や素直でない言動をしていたら、感じが悪い人としか思われません。機嫌が悪いのかな、怒っているのかなと思われることはあっても、「ツンデレ萌え」とはなりにくいでしょう。

3: ギャップ萌え

「美人がだらしなかったり、料理ができなかったりすると“抜けていて可愛い”とか“親しみがある”ってギャップ萌えにつながることも多いけど、美人じゃない人が同じことをしてもギャップ萌えにはならない。ただ単にだらしないどうしようもない人になる」(20代/コンサル)

▽ 部屋着がジャージだとか、料理ができない、掃除ができないという一面が魅力にうつるのは美人だからこそです。完璧に見え、近寄りがたい美人の一面だからこそギャップ萌えになりますが、普通の人がやればただの「だらしない人」です。ギャップ萌えとばかりに自分のガサツさを話してもプラスのアピールにはならないでしょう。

4: すっぴん(風メイク)をSNSにアップ

「すっぴんだったり、すっぴん風メイクをSNSにアップできるのは美人の特権。わざわざ“すっぴん”ってワードを使って載せられるってことは、自分に自信があるからできることで……。普通の人が載せても『そりゃすっぴんだろうな』としか思われない」(30代/販売員)

▽ すっぴん系の画像を載せるのは自分のビジュアルに自信があるからこそ。本来であれば、すっぴんは載せたくないものですよね。
また、明らかにすっぴんの画像を「すっぴん」と載せても「そうだろうな」としか思われません。「すっぴんごめん」と載せられるのは本人が美人だと思っているからなのです。

5: 前髪なしのまとめ髪

「よく女優さんがやっている前髪も全部束ねちゃうまとめ髪。シンプルに顔だけで勝負してきれいなのってすごい。フェイスラインも気になるし、これは美人にしかできない髪型だよなって思いながらいつも見てる」(20代/ヘアメイク)

▽ 顔周りがすっきりとしたまとめ髪。前髪なしのすっきりヘアは美人だからこそ美しく見えるもの。一般のビジュアルだと顔だけで勝負するこの髪型にはしにくいですよね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。

IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。
育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。
コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。
ブログ:http://kobayashike.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/
note:https://note.mu/uchidareiko