仲よし夫婦の秘訣!?「お互い似ていてよかった」と思うポイントとは

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠矢 晶子

Written by:

2019.02.16.Sat

結婚したらずっと「仲よし夫婦」でいたいと思うのは当たり前のこと。「仲よし夫婦」でいるためにお互い努力をすることが必要かもしれませんが、「もともと似ているところ」があることが手助けとなって、「仲よし夫婦」としていられることも。
そこで今回は、「お互い似ていてよかった」と思うポイントをご紹介したいと思います。

1. 味の好み

「味の好みが似ていると、毎日の食事が楽しい! 食事を作るときも味つけに悩まないのでラクです」(30歳/夫婦歴4年)

▽ 食事は毎日のことなので、味の好みが違うと作るほうも食べるほうもストレスがたまってしまいますよね。味の好みが似ていることは仲よし夫婦でいるためには欠かせないことかもしれません。

2. 生活リズム

「結婚してからも同じ会社で働いているので、私と夫は生活リズムがほとんど同じ。帰宅が遅くなるというときも、すぐに連絡ができるので助かっています。同じ時間に『おはよう』と『おやすみ』が言えることは大切な気がします」(31歳/夫婦歴2年)

▽ お互い仕事をしていると生活リズムが合わない場合も多いので、生活リズムが似ているご夫婦が羨ましい! 同じ家に暮らしているのであれば同じ生活リズムで生きていきたいと思うものの、なかなか難しい現状の方も多いのでは?

3. 価値観

「お金や子どもの教育方針の他にも、友達や家族に対して抱いている価値観が旦那と似ているため、すぐにわかり合えるのでケンカはあまりありません」(38歳/夫婦歴12年)

▽ 価値観が似ていると会話もスムーズに通じるので、無駄な労力を使いませんよね。価値観がズレてしまうと何を言ってもわかってもらえないことになってしまい、お互いツラくなってしまうかもしれません。

4. 趣味

「趣味が似ているので休日は同じことをして楽しめる! お互い同じ目標や目的をもつことで、二人の世界が広がっていくような気がします」(29歳/夫婦歴4年)

▽ 結婚歴が長くなればなるほど、「何をしたらいいかわからない休日」を迎えることになってしまうので、趣味が似ているというのはずっと仲よくいるためには大切なポイントかもしれませんね。

5. 好きなテレビ番組

「好きなテレビ番組が似ているからチャンネル争いにならない(笑)。くだらないかもしれないけど、子どもの頃観たいチャンネルでモメたように、大人になっても自分の好きなテレビ番組は見たい!」(32歳/夫婦歴3年)

▽ 自分が見たくないテレビが流れているときってけっこうストレスになるもの。「たかがテレビ、されどテレビ」ですよね。一緒のものを見て一緒に楽しめることは、生活をしていくうえで外せないポイント!

まとめ

いかがでしたか? 結婚は、全く違う環境で育ってきた人間同士が同じ生活を送るもの。よくよく考えるとけっこうレベルが高いですよね。だからこそ二人の生活をラクにするためにも、「お互いの似ている部分」が重要になってくるのかもしれません。
あなたと旦那さんも気がついていないだけで、「似ている部分」がたくさんあるかも。ぜひ探してみてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員・ホステスなど様々な職種を経て、現在は一児の母に。犬と猫に癒されながら、育児に奮闘する日々を送っています。