最近の心理学が明かす恋愛にまつわる興味深い考察4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2019.02.15.Fri

人はなぜ恋に落ちるのか、恋に落ちるとどんな心理になるのか、というのは人類にとって永遠のテーマ。恋はするものではなく落ちるもの、なんて意見もありますが、心理学ではそんな恋愛心理にまつわる興味深い考察がなされています。科学が恋愛心理にどこまでアプローチできるのか、ぜひその考察をみながら考えてみませんか?

心理学が明かす恋愛にまつわる考察

1. 全てはファースト・キスで始まる

イギリスの名門オックスフォード大学の研究によれば、恋人としてのポテンシャルや相性を判断するのがファースト・キスだと言います。特に女性にとっては、今後長く付き合ってゆける相手かどうか見極めるための大事な判断材料となっているとか。
たしかにファースト・キスの印象が悪ければ、どんなにイケメンでお金持ちでも恋愛テンションが下がってしまいそうですね。ファースト・キスでその後の恋愛が占えるというわけです。

2. 25年以上一緒に住んでいる夫婦は顔がだんだん似てくる

長年連れ添った夫婦は何となく顔つきまで似てくるという経験則、これを裏づける心理学的考察はたしかにあるのです。
ミシガン大学の研究者によれば、25年以上連れ添った夫婦はたしかに外見上似通った顔になってくると言います。さらに顔つきが似てきている夫婦は、結婚生活にも満足している人が多いという指摘もあるほど。夫婦仲良し円満で幸せだと、それが自然と人相にも表れてくるのでしょう。羨ましい限りです。

3. 初体験の年齢はその後の恋愛運のバロメーターになる

テキサス大学の心理学者によれば、19歳以降に初体験を経験した人はもっと早く経験した人に比べてより、幸福度の高い恋愛をする傾向にあると言います。また経験人数こそ少ないものの、ひとりの相手と安定した関係を長く築きやすいとも指摘されています。
つまり初体験を焦ったりする必要は全くないということ。それよりも自分を大切に、きちんと愛してくれるパートナーと出会えるまで待てる人のほうが恋愛面では幸せになれるということです。

4. 恋愛映画は夫婦を離婚の危機から救う!

離婚リスクを少しでも下げたいなら、おすすめなのは恋愛映画を一緒に見て、感想を話し合うことです。3年間にわたる調査によれば、恋愛映画を一緒に見ている夫婦は離婚リスクも低いという結果が出ています。
結婚生活が長くなってくると、新婚当初のロマンティックな気分は消え、恋愛のときめき感も忘れがち。そんな恋する気持ちを思い出させてくれるのが恋愛映画なのです。週末の夜は自宅で映画鑑賞の日を作ってみてはいかが?

まとめ

もちろん恋愛のカタチは人それぞれですが、どの考察にも「なるほど!」と思えるようなものがあると思いませんか。
恋愛にマニュアルは存在しません。でも心理学に基づいたこんな考察はきっと幸せな恋愛のためのヒントを与えてくれるような気がします。

▽ 参考記事(海外サイト):7 Unexpected Facts About Love and Relationships That Have Been Revealed in Recent Years

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。