女心わかってなさすぎ! バレンタインの時に言われてショックだったセリフ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2019.02.05.Tue

普段は消極的なタイプだけれど、バレンタインだけはチョコを渡した経験があるという人も多いはず。でもそんな勇気を踏みにじるような男性陣の一言に、深く傷ついてしまうことも……。
そこで今回は「バレンタインの時に言われてショックだったセリフ」についてご紹介します。

1. 「俺、甘いもの苦手なんだよね~」

「高校生の頃、イケメンの先輩にチョコを渡したんです。そしたら『俺、甘いもの苦手なんだよね~』と言われた。あの時はショックだったけれど、そもそも先輩とはそんなに話したことなかったし、男子を顔だけで選んだ自分も子どもだったなと思います」(30代/接客)

▽ たしかに甘いものが苦手な人もいるでしょうが、「わざわざ今言う!?」と思ってしまいますよね。本当のモテ男は女子の勇気をくみ取って、「ありがとう」と笑顔でもらってくれるはずですよ。

2. 「いらない」

「イイ感じだと思っていた彼にチョコをあげようとしたら、『いらない』と言われた。あとになって照れ隠しだったとわかったんだけれど、当時は家で大泣きしましたね」(20代/保険)

▽ バレンタインって男子にとっても一大イベント。そのため変にバレンタインを意識するあまり、あまのじゃくな態度を取ってしまうことも。
でも女子が頑張っているのですから、そこは素直に受け止めてほしいですよね。

3. 「手作りだったら無理」

「同級生にチョコをあげたら『これって手作り? 俺、他人の手作りって無理なんだ』と言われたこと! 私が用意したものは市販だったので受け取ってくれたのですが、なんかその瞬間一気に気持ちが冷めました」(20代/販売)

▽ 「人が作ったおにぎりが食べられない」という人も多いようですが、あからさまに手作りを拒否されると落ち込みますよね。とりあえずチョコはもらっておいて、家で食べるか処分するか決めてもらいたいものです。

4. 「マズい」

「彼氏が目の前で食べてくれたんだけれど、『マズい』『普通の板チョコのほうがおいしい』と返された……。頑張って作ったからこそ、悲しくなってしまいました」(20代/IT)

▽ そりゃ市販品がおいしいのは当たり前ですよね。「手作りは味じゃなくて、気持ちが大事なんだよ!」と言いたくなってしまいます。チョコ以外にも、彼が料理にイチャモンをつけてくるようであれば、お付き合いを見直したほうがいいかも!?

5. 「これだけ?」

「彼にチョコをあげたら『え? これだけ? 元カノはバレンタインに財布もくれたよ』と言われたことがあります。あのセリフにはビックリしましたね」(30代/ネイリスト)

▽ もちろんチョコ以外にもプレゼントをあげたら喜ばれるでしょうが、それを彼氏自らねだってくるのは何か違いますよね。しかも元カノまで引き合いに出されたら、せっかくのバレンタインも複雑な気持ちになってしまいます。
むしろ「チョコなんかあげなきゃよかった!」と、自分を否定したくなるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]