もっと早く知りたかった!「終わった恋を克服する」ための考え方5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2019.01.16.Wed

あんなに仲が良かったのに恋が終わってしまった、そのダメージはいくつになってもはかり知れないほど大きなものです。もう終わった恋は振り向かない、克服したいと思いつつ、なかなか心が前を向かないときはどうすればいいのでしょう?
そんな状態を克服するための考え方をご紹介したいと思います。

終わった恋を克服するための考え方

1. 心が空っぽになったように感じられるのは、きわめてノーマルなことだから大丈夫

彼と別れたばかりの頃はもう何も手につかないほど落ち込み、自分を責めたりします。でもそんな嵐の時期が過ぎると、今度は心が空っぽになり、何も感じないようになって無感動で無気力な時期がやって来ます。でもこれはきわめてノーマルなこと、あなただけではないから心配しないで。
これはあなたの心が大きなダメージから立ち直ろうとしている第一ステップ。こんなときは無理に頑張ろうとしないほうがいいのです。

2. この先一生恋をすることがないなんてウソ

大好きだった彼との恋が終わり、果たしてあの人以上に誰かを好きになれることなんてあるだろうか、と失恋した誰もが思うことでしょう。
あんなに好きになった人はいない、今後もそんな人はきっと表れないなんて悲観するのはナンセンス! 次の恋は必ずあなたにとってベストなタイミングで巡ってきます。
今は悲しい失恋も時間がたてばきっと、新しい恋に進むための準備運動だったことに気づくはずです。

3. ひどく憎むことにこだわってばかりでは自分がみじめになるだけ

元カレをひどく憎んだり、恨んだりすることがあっても、それは人間として当然の心理。ネガティブな感情が噴出したときは無理に抑え込まず、そうした感情が自分の中に沸き起こってくるのを静かに観察してみて。でも心の底ではそんな思いに囚われていても幸せになれないし、次の恋に進めないことに気づいているはず。
もっと楽しいこと、自分を磨くことに意識がフォーカスできるようになれば、そうした感情も消え去ってゆきます。

4. 元カレのことを思い出させることも、そのうちその効果が薄れてくる

元カレとの楽しい思い出、胸がきゅんと締め付けられるような記憶、そうした思いがしばらくは心の中に生き続けるかもしれません。でもそれも永遠ではないので、決してセンチメンタルになりすぎないで!
一緒に楽しんだラブソング、デート場所やお店、そうした記憶も時間の経過とともに必ず薄れてゆきます。生きている限り、過去にしがみつき続けることはできないのです。

5.吹っ切れるまでのタイムリミットなんて存在しない!

あなたの悲しい失恋話や別れ話を物知り顔で聞いてくれる友だちは口々に言うでしょう。
「もっといい彼がきっと見つかるよ」、「クヨクヨするより前を見て、次の恋に進もう!」などなど。でも終わった恋を吹っ切らなければいけないタイムリミットなんて誰も決められないし、存在しません。気持ちを無理やり変えようとしないで悲しいなら悲しい、さみしいならさみしいという気持ちを大事に受け止めてあげるのが克服への近道です。

▽ 参考記事(海外サイト):26 Things I Wish I'd Known About Getting Over an Ex When I Was Younger

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。