喋らなければモテるのに…。話してみたらガッカリした男子の特徴

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2019.01.11.Fri

彼の見た目はタイプだったのに、いざ喋ってみたら、一気に興味がなくなってしまった……なんてことはありませんか? 話がかみ合わないと一緒にいるのも苦痛になるので、デートも減っていきますよね。
そこで今回は「話してみたらガッカリした男子の特徴」についてご紹介します。

話してみたらガッカリした男子の特徴

1: 少し話を盛っている

・ 「『毎日残業で徹夜続き』など、少し話を盛る男性にガッカリ。『毎日徹夜だったら、睡眠時間ゼロじゃん!』と、心の中でツッコんでしまいます」(20代/受付)

▽ 場を盛り上げようとしているのか、少しだけ話を盛る人っていますよね。
悪気はないのでしょうが、あまりにも盛った話が多いと、作り話を聞いている気分に……。たとえつまらなくても本当の話をしてくれた方が、印象はいいですよね。

2: 仕事のグチが多い

・ 「せっかくのデートなのに、食事中ずっと仕事のグチを言っていた。『上司が使えない』『新人がやる気ない』など、聞いていて楽しくなるものではありませんでした」(30代/営業事務)

▽ 軽いグチならまだしも、デート中ずっとネチネチ仕事の不満を聞かされても困りますよね。「大変ですね」くらいしか言うことがないでしょう。「仕事がうまくいかないのは、この人にも原因があるんじゃ……」と疑ってしまいます。

3: 話し方や内容が軽い

・ 「まだ会って2回目なのに、『俺たち仲よしじゃん!』『○○ちゃん(私)マジでかわいい~!』とチャラさ満点で言われたとき。軽すぎて私とは性格が合わないと思ってしまった」(20代/受付)

▽ どことなく軽さを感じる口調や会話の内容に、思わずガッカリ……。見た目が紳士的だと、余計そのギャップに驚きを隠せないでしょう。特に知り合って間もない頃は、適度な距離感を保ってほしいものです。

4: 面白くない話を延々と…

・ 「オチのない長い話は反応に困ります! 愛想笑いのしすぎで顔の筋肉が痛かったです……」(20代/営業)

・ 「仕事や経済など、堅苦しい話を延々と聞かされていたこと。真面目な人なのはわかったけれど、デートなんだからもう少し砕けた話をしたかった。大学の講義を思い出しました」(30代/IT)

▽ 興味のない話をドヤ顔で続けられても、眠たくなってしまいます。「自分のことしか考えていないんだろうな……」と思うことも。女性でも好きな人の前だとつい饒舌になってしまう人もいるでしょうが、相手の反応もきちんと見るべきでしょう。

5: 全く喋らない

・ 「私が話しかけても、『はい』くらいしか言わなかった男子。たしかに草食っぽかったけれど、さすがに困った。早々にデートを切り上げました」(20代/保険)

▽ ずっと喋り続けられるのも嫌ですが、何の反応もないのも困りますよね。「もしかしてつまらないのかな?」など、アレコレ考えてしまいます。男女ともに、お互いが会話を楽しむ努力は必須ですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]