あとで後悔しがち…「恋愛不器用さん」あるある4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2019.01.04.Fri

好きという感情は、ときに暴走をしてしまうもの。好きだからこそ、うまくいかないことやままならないこともありますよね。恋は盲目。あとから振り返って、「こんなことしたいわけじゃないのに」と後悔してしまうことも。
ここではそんな恋愛不器用さんたちに、どんなあるある話があるのか聞いてみました。

恋愛不器用さんあるある

好きなのに避ける

「どうでもいい人とは仲よくなれるのに、好きな人だとツンツンしちゃう。相手からは『俺のこと嫌い?』って誤解されちゃったり。
そんなことない! って言いたいけど、恥ずかしくて緊張しちゃって好きとは言えない」(20代/学生)

▽ どうでもいい人や、友達枠の相手とは仲よく楽しく話せるのに、気になる人や好きな人となると一気に話せなくなってしまう……。そんな人もいるのではなでしょうか?
こんな感じなので、好きではない人には告白されるのに、好きな人との恋愛はうまくいかないようです。相手を意識してしまうあまり、ツンツンしてしまうなんてこともあるのだとか。もったいないですね。

自分からは誘えない

「女の子も積極的にいったほうが幸せをつかめるとは思うんだけど、どうしても待ちの姿勢になっちゃう。自分から食事に誘えないし、告白もできない。
付き合った相手からは『つまんない』って思われちゃうし、片思いの相手は積極的な子にとられちゃう。自分に自信がないのがいけないのかな……」(20代/医療)

▽ 自分に自信がなくて、相手を積極的に誘えないという人もいました。
誰だって、好意をもたれればうれしいもの。自分に思いを寄せてくれていると感じる人のほうが有利ですよね。しかし、不器用さんだとなかなか好意を伝えられないので、ほかの積極的な女の子にとられてしまうこともしばしば。
後悔先に立たず。あとから「誘っておけばよかった」と思うくらいなら、勇気を振り絞りたいところです

緊張しすぎて空回り

「好きな人を前にすると、緊張しすぎて何をしゃべってるのかわからなくなる! 会話が成立していなくて、どうしようって……。あとから振り返って『ああ言えばよかった!』って後悔するけど時すでに遅し。
最近はもう、LINEで素直な気持ちを伝えるようにしてる」(20代/IT)

▽ 好きすぎるあまり緊張してしまい、何を話せばいいのかわからないという人も。
支離滅裂なことを伝えてしまい、コミュニケーションがとれなくなってしまうようです。自意識ばかりに集中してしまうため、相手の話に耳を傾ける余裕がない様子。いったん、冷静になることも大切かもしれません。

恥ずかしさを隠そうとして失礼なことを言う

「相手に好きって気持ちがバレるのが恥ずかしくて、無理やりキツめの突っ込みをいれたり、フレンドリー感を出そうとして失礼なことを言っちゃう。
相手は傷つくし、何もいいことない……」(20代/学生)

▽ 自分が緊張していたり、恥ずかしがっているたりするのがバレたくなくて、つい変な距離の縮め方をしてしまうなんて人もいるのではないでしょうか?
相手には伝わりにくいため、単なる「失礼な人」という印象しかもたれない可能性もあります。つらいところですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。

IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。
育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。
コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。
ブログ:http://kobayashike.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/
note:https://note.mu/uchidareiko