それだけで? 男性が思わずドキッとする「魅惑の小悪魔言動」4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2019.01.01.Tue

気になる彼の気をひきたいときに「小悪魔」な態度をとったほうがいいかな? と思いつつ、やりすぎると「あざとい」と引かれてしまうこともありますよね! 男性から見て「ほどよい小悪魔」ってどんなものなのでしょうか?
今回は男性陣の意見を参考に「思わずドキッとする“魅惑の小悪魔言動”」をご紹介します!

魅惑の小悪魔言動とは?

1. 目が合ったらニッコリ笑う

目が合ったときにサッとそらすよりも、ちょっとはにかんだ感じでニコッとされると「ドキッとしてしまう」という声が目立ちました。思わずパッと視線をそらしてしまいそうですが、あえてニッコリするのは「ほどよい小悪魔感があって好き」なのだとか!

「目が合ったときにパッとそらされるより、ちょっとはにかんだ感じでニコッとされるとドキドキします! これにキュンとしない男はいないはず」(32歳・メーカー勤務)

▽ ちょっと小首をかしげてニコッとされたら「最強」という声もありました。

2. 自然なボディタッチをする

ボディタッチはやりすぎ厳禁! ですが「自然な感じ」なら、思わずドキッとしてしまうという声も多数! 例えば、彼の服にゴミがついているとき「あ、ついてるよ!」ってとってあげたり、物を渡すときにさりげなく手が触れる……などのタッチにキュン。

「ボディタッチはベタベタされるとNGですが、洋服についたゴミをとってくれたり、名前を呼ぶときに肩をちょんと叩いたり。自然なタッチは確実にドキッとします」(30歳・IT関連)

▽ ほんの少しタッチする、くらいがあざとくなくていいそうです。自然に触れたときのドキドキ感ってありますよね!

3. 二人になるとギャップがある

二人きりになるとギャップがあるのも「確実にドキッとする」という声が! 二人きりになると話す内容が変わったり、LINEのやりとりで「普段は苗字で呼ぶのに下の名前で呼ぶ」「敬語じゃない」なども親近感を感じて「いいな~」と惹かれる小悪魔言動のひとつです!

「二人きりになると、いつもと違う口調で話をしてきたり、二人のLINEでは下の名前で呼んだり、いつも敬語なのにフランクに話してきたり。二人きりのときだけのギャップに弱い」(33歳・アパレル関連)

▽ みんなの前と違う顔を見せてくれると「特別感」にドキッとしてしまう……。これは男女問わず納得ですよね!

4. 小さなことでも相手を褒める

やはり褒め上手は「モテる」という声が圧倒的。とはいえ「わざとらしい褒め言葉」ではなく、本当に相手を見て「小さなことでも褒めてくれる」とキュンとするものですよね!「すごい~!」だけではなく「○○なところがすごい!」と具体的に褒めると効果的です。

「本心じゃない言葉はお世辞って分かります! 相手のいいところをしっかり見て、さりげなく褒めてくれる女性はモテる。それが小さなことだと、『俺のことを見ていてくれている』ってうれしくなる」(32歳・通信会社勤務)

▽ 褒めるときは「すごい」「カッコイイ」だけではなく「優しいところが素敵」など、具体的にすると心に届きますよね。

まとめ

小悪魔言動はやりすぎると「計算高いな」と引かれてしまうので、要注意! こんなさりげない言動なら、自然な感じでつかえて、彼をドキッとさせることができるはずです。さりげなく好意をアピールする効果もありますよね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm