恋人とケンカ? 大いにけっこう、むしろ必要な理由5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2019.01.01.Tue

彼としょっちゅうケンカしてしまう、あるいはケンカの後いつも気まずいムードになって疲れるということはありませんか? でもケンカはカップルにおいて絶対悪という訳ではないようです。今回はケンカがむしろカップル関係に必要な理由をサーチしてみました!

恋人とのケンカが必要な理由

1. ふたりの関係が成熟したものだからこそ、ケンカも成り立つ

付き合いがまだ浅くて、お互いねこをかぶっている、いいところしか見せようとしない状態だったら、目立ったケンカもないでしょう。
ケンカをするにはエネルギーがいるし、いちいち相手の機嫌を損ねたくないという心理が働きます。きっちりとしたケンカができるのは、ちょっとやそっとのことではふたりの関係が揺るがないと分かっているからこそできるのです。そんな成熟した関係が築けていることにまずは自信を持ちましょう。

2. 相手のこと、ふたりの関係を大事に思えばこそケンカになる

そもそもケンカをするのは相手と真剣に向き合おうとしている証。だってテキトーに付き合っているだけなら、わざわざケンカするなんて馬鹿らしく感じるし、エネルギーと労力の無駄と感じるはずだから。
ふたりの関係をもっといいものにするため、相手のことをより深く理解して愛するために、お互いの違いやズレを修復しようとしてケンカになっているはず。ケンカの熱量はそのまま愛情の裏返しとして考えてみましょう。

3. ケンカすることでお互いの本音や核心に迫ることができる

相手と話していて少しくらい違和感があってもスルーしていませんか? 一見賢明な行動のように思えますが、そうやっていると相手にこちらの考えや思惑をはっきり伝えることが難しくなってきます。そうなると遠慮や気おくれが出てきて、ますます本音でのコミュニケーションが難しくなるでしょう。
言い方や態度はそれぞれ個人差がありますが、ケンカをすることでお互いの本音や言い出しにくい核心を引き出すことができます。

4. ケンカをすることで不平や不満をため込まず、発散することができる

どんなに仲がよくても、一緒にいる時間が長引けば、小さな不平や不満が出てくるのが人間というもの。それらを全てためこんで常に笑顔で相手に接するというのはかなりハードなことだし、ストレスをため込んでしまいます。そんな不健康な関係に甘んじるより、気になったことはさっと持ち出してケンカになっても解決してしまったほうがよさそう。
不平や不満をため込むよりよほど健全な付き合い方ではないでしょうか。

5. ケンカをすることでふたりの関係にいい刺激を与えることができる

ケンカなんて全くしない穏やかな関係……良くも悪くも刺激が少ないと思いませんか。ケンカがない分、仲良しでいられるかもしれませんが、マンネリ化するのも早そうです。
カップルのケンカとは口論や話し合いを通じて、お互いの違いやズレを軌道修正し、よりスムーズな関係を築くための一手段。ケンカをいつも回避するのではなく、たまには全力で相手にぶつかってゆき、新しい刺激を加えてもっといい関係に近づいてみましょう。

▽ 参考記事(海外サイト):Scientists Claim That Couples Who Fight a Lot Really Love Each Other

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。