仲良しの秘訣? ラブラブカップルが意識する「いいケンカ」の特徴

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2018.12.30.Sun

どんなに仲がいいカップル、夫婦でも「ケンカ」することはありますよね! ケンカするほど仲がいい、と言われていますが、実際に仲良しのカップルは「ケンカ上手」という声も。
ケンカによってマイナスにしないためには、どんなことを意識すべきでしょうか? 今回は男女に聞いた「ラブラブカップルが意識する“いいケンカ”の特徴」をご紹介します!

ラブラブカップルの「いいケンカ」とは

1. 相手を打ちのめす言葉は禁句

ケンカしていると頭に血がのぼって、相手のコンプレックスやダメな部分を指摘して「打ちのめしてしまう」なんてことはありませんか?
言い負かしてしまっても「後味が悪くなってギクシャクする」という声が目立ちました。

「ケンカの内容と関係ないのに、『安月給のくせに!』『デブ!』とかコンプレックスを指摘して打ちのめさないこと! これを言ってしまうと、仲直りしても『溝』ができてしまうので気をつけています」(30歳・女性・ネイリスト)

▽ カッとしてケンカの内容と関係ない「悪口」を投げかけないように! お互いに意識したいですよね。

2. 昔の話を持ち出さない

話合っているときに、昔のことを持ち出すのも「よくない」という声が多数!
今の話合いとずれてしまうし、ケンカの収集がつかなくなることも。つい「あのときも○○だった!」と昔の恨みが出そうですが……飲み込む方がよさそうです。

「昔のことを持ち出されると、延々とケンカが発展して収集がつかない! 今話し合っていることがずれてしまって、なんの話か分からないけど、とにかく腹が立つという悪循環(笑)」(33歳・男性・IT関連)

▽ ひとつのことが火種になって「あのときも!」と過去の怒りが出ることありますよね。深呼吸して、今の話に集中しましょう!

3. お互いの話を聞いて妥協点を探す

お互いに自分の言いたいことを言い合うだけでは「腹の虫がおさまらない」ものですよね。ちゃんと話を聞き合って「妥協でできる解決策」を探すことも大切です!
相手の言い分も聞きながら「じゃあこうしようよ!」と前向きなケンカができれば仲も深まります。

「お互いに話し合いをして『じゃあこうしよう?』と妥協できるところを探す。言い合いをしても何もいいことないので」(32歳・女性・メーカー勤務)

▽ なかなか会えないなら、「夜電話し合おう」とか「妥協点」を探すしかないですよね。仲良しでいるために!

4. 感情的になって「別れる」は禁止

一番ダメだという声が目立ったのが「別れる!」というセリフでした。
ついカッとなって「もういい、別れる!」と言いたくなる気持ち、女性なら分かりますよね! とはいえ「それを言っちゃおしまい」「何も話せなくなる」のが男性陣の本音です。

「彼女がカッとなって『別れる!』って言うの、困りますよね。それ以上話せなくなるし、そんな簡単に別れるって言うくらいの軽い気持ちなの? ってショックを受けるので禁句だと思います」(32歳・男性・IT関連)

▽ 本当は別れたくないのに、気持ちを確かめようとして「別れる!」と言わないことも流儀。取り返しがつかなくなるかも!?

まとめ

こんなことに気をつけると「ケンカするほど仲がいい二人」になれるはずです!
感情的にならないように、お互いにいい話し合いができれば「もっと仲が深まる」という声も目立ちました。カッとならないように、お茶でもいれて冷静に話し合うことも大切ですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm