印象を底上げ! 彼ママ訪問時の“トータルコーデ”のポイント4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2018.12.26.Wed

「今度、実家に遊びに来ない?」と彼からのお誘い。この年齢でそのお誘いということは、きっと将来に向けたステップアップであることには間違いありません。彼の気持ちが知れてうれしい反面、彼ママに会いに行くときというのはなかなか緊張するものです。“きちんとした子”だと思ってもらえるだろうか、彼ママに気に入られるかどうか――彼の実家への訪問が無事終わるまで不安とドキドキは尽きません。
彼ママが一番チェックしているのは「この子は、うちの息子に尽くしてくれそうな人なのだろうか?」というところです。そのため、トレンドを散りばめたチャラチャラとしたファッションは論外。同じように、男性ウケしそうなコーディネートもアウトです。“控え目なのに、芯がありそう”――ここが彼ママ向けのコーディネートをつくる目標地点となります。

大事な息子に尽くしてくれそうか?

1. ハーフアップがベター

おじぎをすることが大前提! おじぎをした後に顔が髪の毛で隠れてしまうのというのは、あまり良い印象を与えません。また、髪の毛が顔にかかってしまうとその影で顔色が暗い印象になってしまうこともありえます。
その点、ハーフアップなら清楚感もありつつ、顔に髪の毛がかかって影をつくることもありません。

2. トップスはパステルカラーで

清楚な色というと、定番としてホワイトが思い浮かぶと思います。
ですが彼ママ訪問において、ホワイトコーデはできれば避けたいところです。ホワイトは“汚れ”に気をつかう色。それなので、お手伝いを申し出ても「お洋服を汚してしまうと困るから」と遠慮されてしまうことが多いのです。それなら、顔まわりを明るく照らしつつもホワイトより気をつかわないパステルカラーのトップスのほうが彼ママウケを狙ったチョイスとしては正解だといえます。

3. 脱ぎ履きしやすいパンプスを合わせて

彼ママ訪問では、必ず靴を脱ぎますよね? 脱ぎ履きのしにくいブーツは、玄関で“もたついて”しまいます。靴の脱ぎ履きは、時間をかけてはいけない場所。それをしっかりと考慮した上で靴を選ぶようにしましょう。

4. 首もとにはプチネックレスをオン

これは安物でなくても大丈夫! たとえばティファニーのDBYなどは清楚なイメージがあるので、おすすめです。ただ、だからといってリング、ブレスレット、ピアスなど、たくさんつけていきすぎるのは浪費を疑われるので避けたほうが無難です。それと同じで、ブランド物のバッグもNG。大事なのは“きちんと感”なのです。

いかがでしたか?

彼ママ訪問に向けてしっかりと準備をしておけば、恐いことなんてなにもありません。当日はリラックスして、笑顔を忘れないようにしましょう。緊張さえも楽しむくらいのイメージで望むといいのではないかと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子