せっかくの恋愛がうまくいかなくなってしまう残念過ぎる理由5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2018.12.25.Tue

せっかく好きになって付き合いだしたものの、なんだか思っていたのと違う、しっくりこない、そんな風に感じて破局してしまった経験はありませんか? どうしてそんなことになってしまうのか、その残念過ぎる理由をまとめてみました!

恋愛がダメになる残念過ぎる理由

1. 相手の顔色をうかがうことが多く、自分のことより相手のニーズを優先している

「好きになった相手のことを心から大切に思い、愛する」のと、「相手の顔色をうかがい遠慮ばかりするようになる」のでは大きな違いがあります。
愛情と気遣いを混同し、相手のニーズや希望を優先させて自分のことはいつも後回し。ガマンしているつもりはなくても、小さな不満や押し殺した感情が積み重なって、いつか大きく爆発してしまうのです。

2. 相手の好みやスタイルに合わせてばかりで、自分らしさがなくなってしまう

自分はサバサバしたカジュアルスタイルが好きなのに、彼の好みに合わせて無理やりガーリー路線に変更したり、デートの時は慣れないハイヒールを履いたり、そんな状態だといつの間にか自分らしさを失ってしまいます。そして本来の魅力だって色あせてしまうでしょう。
お付き合いして変わっていくことは悪いことばかりではないですが、無理に相手に合わせたり、自分らしさを抑え込んでしまうようなお付き合いでは長続きしません。

3. 互いの優先順位にズレが生じていることに気づいていない

見落とされがちですが、お互い好意はあるのにうまくいかない本当の理由は、それぞれの優先順位がビミョーに食い違い、すれ違いばかり続いてしまうことにあるかもしれません。
彼女のことは大好きだけど今は仕事も頑張り時という彼と、もう恋愛に完全に入れ込んで昼も夜も彼のことばかりという彼女が果たしてうまくいくでしょうか。もしこのケースなら、話し合いですれ違いを修正していくことも不可能ではないでしょう。

4. 自分ばかり相手のことが好きで、気持ちが一方通行になっている

お付き合いしているからと言って「相思相愛でラブラブ度が高い」とは限りません。どちらかの気持ちが強過ぎたり、好意が一方的になると、どうしたって相手のテンションが下がってしまい、ギクシャクしてしまうことがあるでしょう。
つねにお互いの気持ちが完璧に平等である必要はありませんが、明らかに気持ちが一方通行になっていて、相手から愛されている実感が乏しいという場合は、気をつけたほうが良さそうです。

5. 付き合っているのに幸福感より、不安や嫉妬心を感じるほうが多い

大好きな人と一緒にいるのに、つねに不安や嫉妬を感じるのはなぜでしょう? それは自分に自信がなかったり、相手が恋人として誠実な態度を見せていないからかもしれません。いずれにせよ、本来愛し愛される関係なら幸せなはずなのに、そんな幸福感とは程遠い感情ばかり湧いてくるなら、その恋にしがみつき続けるのはますますつらくなるばかり。
不安や嫉妬心の本当の原因を探ってきちんと向き合い、解消すべきです。

▽ 参考記事(海外サイト):11 Common Reasons Relationships Fail — And How To Keep It From Happening Over & Over

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。