ラブラブなときこそ気をつけて! 別れに繋がる手抜き4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2018.12.23.Sun

今の今までラブラブだったのに突然、本当に急にふたりの関係性に疑問をもつことや、相手に対する恋心が冷めてしまったりしたという経験をしたことがあるという人もいるかもしれません。
つまり、「彼とはラブラブだから、別れの心配なんて全くしていないわ! お互いを好きな気持ちは最高潮よ!」という決めつけには、いささか疑問が残るということ――。
実は、ラブラブなときこそ別れにつながるレベルの深刻なトラブルというのが密かに浮上している可能性があるのです。

別れに繋がる“手抜き”とは?

(1)気が緩んで無遠慮になってしまう

どんな人でも、お付き合いをスタートさせたばかりのころは程よい緊張感の中で会話を進めます。そうしてだんだんとお互いのことを知っていって、徐々にふたりの関係性が深まっていくわけです。しばらくして恋人とのお付き合いが安定してくると、お互いが言いたいことを言うようになります。
彼の優しさに甘えきって、彼がしてくれたことに対する感謝の気持ちが薄れてしまってはいませんか?“親しき仲にも礼儀あり”と言いますよね。仲が良くなったからこそ、感謝の気持ちや気遣いを忘れないようにしましょう。

(2)女として手を抜きすぎるのはキケン信号

「ありがとうの言葉だけは忘れないようにしているの」というそこのあなた!いくら恋人への感謝の気持ちを忘れていないからといって、それだけでピンチを脱したと思っているようでは甘いかも――!
お付き合いが順調に進んでいくと、メイク、ヘアスタイル、ダイエットなどが疎かになりがちに。ずっと気を張っているのは正直なところ疲れます。素を見せられる、リラックスできる関係というのは確かに楽かもしれません。しかし、常にそれでは彼のあなたに対する幻滅は避けられません。

(3)言いたいことを言わないのは怠慢

ラブラブな関係を壊したくないという気持ちはよくわかります。しかしだからといって言いたいことも言わず、我慢ばかりをする関係というのは“本当の意味でのラブラブ”とは言えないのではないでしょうか?
表面的な関係性だけを取り繕うのではなく、思ったことを素直に言い合える深い関係を築く努力を怠ってはいけません。

(4)良いところばかりに目を向けないこと

相手の良いところを見つけて好きになるのは良いことです。でも、それだけではダメ! 相手の良いところだけしか見ず、自分にとっての嫌なところを認めようとしないのでは、すぐに「なんか違う?」と、熱が冷めてしまう可能性だってあり得るのです。

いかがでしたか? 以上が大好きな人とラブラブな関係を築き上げるために手を抜いてはいけないポイントです。思い当たる節がある人は今からでも気をつけるように心がけてみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子