甘えたいor甘えられたい?「末っ子男子」と「長男男子」の魅力とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
hamunida

Written by:

2018.12.14.Fri

男性たるもの、デートではぐいぐい主導権を握って引っ張ってほしい! という女性もいれば、弟のようにキュートで面倒を見たくなるような愛嬌がある男性がいいなど、好みは千差万別。どちらの男性もそれぞれ違った魅力がありますが、あなたはどちらがタイプでしょうか?
ここでは末っ子、そして長男男子の魅力をまとめました。

末っ子男子の魅力

甘えるのがとにかく上手

末っ子男子はとにかく女性の心を読むのがうまく甘えるのも上手。いつでもどこでも彼女に甘えたがる甘えん坊な男性は、女性側からするとうっとうしく感じることもありますが、TPOをわきまえて甘えられる末っ子男子は、自分が守ってあげようという母性本能をくすぐられるのですね。

女性主導で恋愛を進めやすい

末っ子男子は自分で決めるよりデートのプランは彼女に決めてもらって、それに従いたいとう気質があります。
なので、男性にぐいぐいリードされながらデートを進めたいという受け身な女性より、女性主導であれこれ行きたいところなどを提案していきたいという、姉御肌な女性にぴったりなのです。

情に厚い

両親にはもちろん、目上の人からたくさん愛情を受けて育った末っ子男子はその分、情に厚い傾向があります。
これは友人や家族との関係だけでなく、恋愛面でも情に厚いことが多いんですね。情に厚い人ということは彼女や家族も大切にするので、恋人との関係を大切にしたい人にも弟系男子はおすすめといえるでしょう。

長男男子の魅力

面倒見がよく世話好き

長男男子の最も代表的な特徴といえば、やはり面倒見がよく世話好きなことでしょう。こちらが困っていることがあれば、真剣に相談にのり解決に導いてくれる頼り甲斐があります。
おせっかいが過ぎてしまうこともありますが、それだけ相手のことを思いやっているという証拠なのです。

一人の時間を大切にする

長男男子は家族の面倒を見ていることが多く、常に周りの人にしっかり気配りをしています。つまり家族の人事的な役割を果たしているのですね。周囲に頼りにされることが多い分、自分一人の時間もすごく大切にしています。なのでいつでもどこでも一緒にいたいという寂しがり、そして甘えん坊な女性には不向きかもしれません。
しかし、一人で没頭できる趣味など、自分自身も一人の時間を大切にしているという女性にとっては、最高のパートナーといえるでしょう。

母親思い

長男男子にとって母親はとても特別な存在であり、自分を大切に育ててくれた母親に対する愛情がなくなることはありません。誕生日や母の日など、大人になってもプレゼントすることが多いのです。母親に感謝や尊敬を示したりできるということは、とても優しく素直な男性と考えられますね。

まとめ

末っ子男子と長男男子の魅力についてご紹介しました。あなたはどちらの男性がタイプでしたか? 筆者はどちらの男性ともお付き合いしたことがありますが、甘え上手な末っ子男子、そして面倒見がよく世話好きな長男男子、どちらもそれぞれ違った魅力がありとても愛おしく感じられるものですよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

hamunida

東京在住のフリーライター。絵・体を動かすのが大好きなアラサー女子。