私って都合のいい女?「なかなか本命になれない女性」の特徴5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
きいろ

Written by:

2018.12.12.Wed

誰だって好きな人の一番になりたいですよね。しかし好きな人の隣はキープできず、気がつけばいいところを別の女性に持っていかれ、自分ってただの都合のいい女なのかな……と気分が沈んでしまうこともあると思います。では、なぜ一番の女になれないのか? そこにはちゃんと理由があったんです!
というわけで今回は、なかなか本命になれない女性の特徴をご紹介します!

「なかなか本命になれない女性」の特徴

自分のことを話しすぎてしまう

好きになってもらうためには、まず自分を知ってもらうことが大切です。ですが、なんでもかんでも話せばいいというわけではありません。
言わなくてもいいことを言ってしまいマイナスイメージを持たれることもありますし、少しミステリアスな部分があったほうが男性は惹かれる傾向にあります。知ってもらいたい一面と、内緒にしておきたい一面をしっかり線引きしておきましょう。

イエスウーマンになっている

頼まれる・お願いされると断れない……そんなイエスマンならぬイエスウーマンになっていませんか? そういう女性は都合のいい女として認識されることが多く、必要な時だけ呼び出されて最終的に「彼女ができたから」と振られてしまうことも。
自分の気持ちをハッキリ言えない女性より、嫌なことは嫌だと言えて、自分の意思を持った決断ができる女性のほうが、本命に選ばれやすいのです。

好きな気持ちを隠せない

付き合う前から好き好きオーラ全開だと、男性のほうからアピールしなくてもいいので気持ちが盛り上がりにくくなってしまいます。
加えて押して引いてという駆け引きが苦手なので、ずっと同じ熱量でオーラをぶつけてしまうと、男性は恋が始まる前に飽きてしまうんです。好きな気持ちが見え隠れすることは恋愛を盛り上げる一つの要素なので、コントロールができるようになるとチャンスがあるかも!?

追う恋が好きな割には諦めが早い

追う恋をする場合は、相手がなかなか振り向いてくれなくても根気強く粘る忍耐力が必要ですし、相手を思う気持ちがある程度一定に保たれていることが重要です。
長期戦を覚悟しなければいけないですが、一度アピールして脈なしだと分かるとすぐに諦めてしまうような、“熱しやすく冷めやすいタイプ”の場合は本気度が伝わりにくく、付き合っても長続きしないと思われてしまうので、本命に選ばれない可能性が高いのです。

自分に自信を持っていることをアピールしがち

私は彼に好かれている! 絶対両思いになるに決まっている! という自信は、持っていないより持っていたほうがいいです。
しかし、その自信が体から滲み出ていたり、アピールをするような言動は男性が引いてしまう可能性も。付き合うと苦労しそう、プライドが高そうというイメージが植えつけられるので、男性側が自信を失くし離れていってしまうかもしれません。自信は心にひっそりと灯しておいて、外に出さないように注意しましょう。

まとめ

本命になる前に自分でその可能性をつぶしてしまうことは、とてももったいないですよね。自分に当てはまるかも……という方は、一度恋愛に対する向き合い方を改めてみましょう。
ほんの少し意識が変わるだけで男性からの見方も変わってくるので、私なんか……と諦めず、気持ちを切り替えてぶつかってみてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

きいろ

アイドル活動や、メイド喫茶に勤めていた経験を生かし、皆さんが楽しめるものを執筆していきます。
ゲームをしたり、アニメを観るのが好きな根っからのオタクですが、外の世界も大好きです。

twitter
https://twitter.com/yellow_cnmeid

ameblo
http://ameblo.jp/miretteretta/