つらすぎる? 悩ましいイマドキ恋愛事情5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2018.12.03.Mon

彼氏と幸せそうにラブラブな生活をしている人もいるけど、やっぱり恋愛って難しいと感じませんか? もう何年も恋のときめきを感じない・元カレが忘れられない・恋人に振り回されるよりひとりでいたい……などさまざまな感情が、恋愛をする気持ちに歯止めをかけています。
恋がしにくい、そんなイマドキ恋愛事情を考えてみました!

悩ましいイマドキ恋愛事情

1. とってもいいムードだったのに、ある日突然音信不通になる

かつては恋愛の始まりと終わりが今よりはっきりしていました。お付き合いしていても気持ちが冷めたり、もう終わりだと感じたら、きちんと相手の目を見て直接別れの言葉を告げるのが当然の礼儀として考えられていたのです。
でも今やスマホで手軽につながれる分、別れも簡単になってしまったようです。うまくいっていると思っていたのに、突然相手が音信不通になって、フェードアウトして終わってしまうということがよくあります。

2. 好意や素直な感情をなかなか相手にストレートに表現しない

好きになった人に好意を伝える……なかなか勇気がいりますが、かつてはもっとストレートに愛情表現をしていたように思われます。今は相手から拒絶され、嫌われることを極端に恐れるあまり、好きな人に対しても正直に好意や感情を伝えられない人が多くなりました。
だから相手が自分のことを好きなのかどうかはっきりしないし、モヤモヤを感じることがよくあります。あからさまな愛情表現はカッコ悪いと感じる風潮もあるのでしょうか。

3. “忙しい”を口実に、恋愛に十分フォーカスしきれない

いつのころからか誰もがせわしなく、「忙しい」を当然のように口にするようになりました。だから恋人と時間を作ろうとしても、「忙しい」と言われてしまえば強く出ることはできません。
仕事・趣味・友人関係・恋愛以外にも楽しく、価値のあることはたくさんあるから、恋愛ばかりに時間を割いていられないというメンタリティが働いているようです。

4. 恋愛と友情のラインがあいまいで、誰かに“キープ”されやすい

好きな人に対して好意をストレートに表さない反面、“友だち”という名のグレーゾーンで関係を保つ人も増えました。
その結果、本命ではないのに恋人のような素振りをされたりと、友情と恋愛を混同して関係がますます曖昧になるというケースも多くなったのです。友だち以上恋人未満という、便利だけど意味不明な関係のまま、誰かに二番手としてキープされやすくなったというのは何とも皮肉な事態です。

5. マッチングアプリなどの影響で、とりあえずの出会いを求めることが多い

自分が本当に恋愛に向いているのかよく分かっていないのに、とりあえず恋人を作っておこうという軽いノリで恋愛を考えている人もたくさん。
今やマッチングアプリなどのおかげで、ゆるーくつながったり、たくさんの候補者のなかから相手を値踏みするような気持ちで選んだりすることもできる時代。気に入らなければすぐにやめる、そんなスタンスで恋愛に臨む人が多ければ、実りのある恋を期待するのはますます難しくなるのです。

▽ 参考記事(海外サイト):Psychologists Say That Modern Relationships Have 12 Types of Toxic Behavior We Need to Ditch

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。