尽くしてくれて幸せ! 夫から「愛されてるなぁ」と思う瞬間

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2018.11.25.Sun

結婚生活が長くなっても、いつまでも夫婦仲がいい関係でありたいと思うもの。結婚当初はそんな志をもっていても、時間の経過とともにそんな関係が難しくなることもあるかもしれません。そこでここでは、世の奥さま方に「夫から愛されているなぁ」と幸せを感じる瞬間を聞いてみました。

髪の毛を乾かしてくれる

「一緒にお風呂に入った日は、お風呂からあがったあとに髪の毛を乾かしてくれる! 自分で乾かすのが面倒くさいからうれしいっていうのもあるし、ヘタだけど一生懸命に私の髪の毛を乾かしてくれている姿をみると、愛しいなぁと思う」(30代/IT)

▽ 結婚しても髪の毛を乾かしてくれるなんて、まるで付き合いたてのカップルのように甘いですね。髪の毛の短い男性にとって、長い女性の髪の毛を乾かすことはなかなか難しいもの。慣れていないこともあり、一生懸命に乾かす姿にキュンとくるようです。

手作りのお菓子を作ってくれる

「誕生日とホワイトデーには手作りのお菓子を作ってくれること。絶対に買ったほうが楽なのに、わざわざ材料を買ってきて食べたいとリクエストしたスイーツを作ってくれる。お店のほうがみた目も味もいいんだろうけど、私にとっては世界でひとつしかない夫のスイーツが一番美味しいし好き!」(20代/塾講師)

▽ 大事なのは、かけたお金よりも愛情です。手間ひまかけてリクエストに応えようと頑張って作ってくれたスイーツは、どんなスイーツよりも心がこもっているもの。その気持ちや行動に、グッとくるような愛情を感じますよね。

少ないお小遣いを貯めてプレゼント

「月に少ないお小遣い制にしているのに、そのお小遣いをコツコツと貯めて私の誕生日にプレゼントを贈ってくれること。自分の好きなことに使えばいいって言ったら『○○ちゃんが喜んでくれることに使いたい』って言われて、あーこの人と結婚してよかった! 幸せ! って思った」(30代/パート)

▽ 結婚をするとお小遣い制になる夫婦も多いもの。少ないお小遣いのなかでやりくりをするだけでなく、そこからコツコツと貯めて妻にプレゼントをしてくれるなんて驚きですね。自分のことに使うよりも愛する妻に使いたい、そんなひたむきな気持ちには胸を打たれます。

日曜日は主婦の休日

「子どもが産まれてから長いこと専業主婦をしている私。夫はそんな私のことを認めてくれていて、日曜日は私の休みの日だって言って家事も育児も全部やってくれる……。平日も仕事から帰ってきたあとに子どもをお風呂に入れたり、寝かしつけてくれたりしているのに……! 夫以上の人なんていないなって思う」(30代/専業主婦)

▽ 専業主婦は家事をして当然! なんて言われることもありますが、主婦業もれっきとした仕事です。年中無休なんてひどい話ですよね。毎週日曜日は主婦の妻に休日を贈ってくれるなんて素敵な旦那さまですね。

子どもと寝落ちしたら家事が終わってた

「子どもを寝かしつけているときに自分も寝てしまって、翌朝起きたら家事が全部終わっていたこと! 私が寝ている間に食器を洗って洗濯物をたたんで片付けてくれたみたい。できた夫だなってつくづく思うし、この人と結婚できてよかったな」(20代/パート)

▽ 子どもを寝かせている間に自分も寝てしまうのはよくある話。目が覚めてたまった家事を思い出して慌てたときに、部屋が片付いていると感動しますよね。そんなささやかな心遣いに妻は心を動かされるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれ。ライター/コラムニスト。

メディア、広告の編集者を経てフリーライターに転身。
大学在学中からコラムの仕事を始め25歳で結婚。
コラムでは恋愛、婚活、ママ、子育てのジャンルをメインに執筆。

twitter:https://twitter.com/rizuko21
mail:[email protected]