ドラマチックに見えて実は計画的!? 結婚までの近道とは

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
さた なつみ

Written by:

2018.11.19.Mon

草食男子で溢れるこのご時世、彼からのプロポーズを待っているだけではいつまでたっても結婚できません。かといって自分からプロポーズするのもなんだか女のプライドが許さない気がする……。そう、いい女は確実に狙った男にプロポーズをさせる方向に持っていくのが得意でないといけません。
一見ドラマチックに見えるプロポーズも、実は彼女がじわじわと計画的に圧力をかけた賜物かもしれません。今回は、彼にプロポーズさせるための計画の一部をご紹介しましょう。

プロポーズしてもらうためには

結婚願望は隠すだけ無駄

適齢期になってきたとき、結婚したいオーラを出すと重いと思われるのでは? と気にしてしまって、まだ全然結婚なんて考えられないという演技をする女性、たくさんいますよね。でも、本当に結婚したいのなら、その結婚願望は隠すだけ無駄です。
いっそのこと「私、結婚したいんだよねぇ」とあまり深刻にならない感じで言ってしまいましょう。そうすると結婚願望がない男性は離れていきますので、自然と結婚願望がある男性ばかりが周りに残ります。
さらに、付き合う前にも「私は次に付き合う人とは結婚したいと思ってる」と伝えてもOKです。これは暗に「結婚する気がないのなら付き合わないよ」と言っているようなもの。もっと細かく「1年後ぐらいには……」と期間まで定めておくと、付き合う方も覚悟して付き合うことになるので結婚前の道のりがさらに近くなります。

結婚に関するイメージを共有する

たとえば結婚式はこんな感じにしたいとか、結婚しても仕事を続けたいとか、結婚や結婚生活に関するイメージをお互いに共有しておくのも結婚への近道となります。この時点で価値観が合わないと思えばさっさと別れるのも一つの方法。早く結婚したい人にとっては、真逆の価値観に歩み寄る時間すら惜しい場合もあります。反対に、結婚に対するイメージが相違ない場合は結婚へのモチベーションが高まってさらに早く結婚までこぎつけることができるはず。

愛の先の策略

これらのメソッドはすべて相手への愛があることが前提です。早く結婚したいからといって適当な人を選んでしまい、結婚前にマリッジブルーをこじらせて最悪の結末を迎えてしまったカップルを数組見てきました。
まずは「この人となら結婚してもいいかも」と直感で思えるかどうかが大切。直感がクリアすれば、あとは付き合いながら細かい価値観を擦り合わせていけばいいだけなのです。

さて、今回は彼に結婚を決断させるための基本的なポイントについてご紹介しました。男性は、結婚という責任ある行為に対して尻込みしてしまう生き物。あなたが早く結婚したいのなら、彼を焚き付けてプロポーズさせるのは夫婦になる2人の最初の試練とも言えます。
大好きな彼にプロポーズという大役をこなしてもらうためにも、しっかりと段取りをしたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

さた なつみ

ロックと本とアナログをこよなく愛すOL兼フリーライター。
趣味の人間観察・分析を記事に生かせたらいいなと思ってます。
清楚なロックンロールをモットーに楽しくゆるく生きていきたいです。
Twitter:https://twitter.com/naaaaa723
ブログ:http://na-tsu828.hatenablog.com/