“この人なら間違いない!”と思える恋愛の初期サイン4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2018.11.16.Fri

なんとなく気になっている彼や、付き合い始めたばかりの彼がいると、この恋は今度はちゃんとうまくいくのかどうか、不安になりませんか。どんなに恋愛経験を重ねても、毎回相手との相性は違うのでこればかりは予測できません。
でも“この人なら間違いない”と思える初期サインはちゃんとあります。そのサインをどうか見逃さないで!

見逃さないでほしい恋愛初期サイン

1. 無理して相手に合わせようとしたり、ガマンしたりする必要はないと思える

恋をすると相手にもっと好きになって欲しい、気に入ってもらいたいという気持ちが先立ってついつい相手に合わせたり、本当の自分を抑えて付き合おうとしたりします。でもそんなふうに背伸びしたり頑張り過ぎたりすると、いつか疲れてしまうし、本当の自分を見てもらえません。
「自分を偽ったりせず、ありのままの自分で彼の前にいられる」そう感じられたらきっとその恋はうまくいくでしょう。

2. お互い意地を張ったりせず、意見が合わないときは妥協できるラインを見つけられる

些細なことでケンカになってしまうというのはカップルならよくあること。でもふたりの意見が合わないとき、お互い妙に意地を張ったり、意固地になったりせず、オトナらしい態度で妥協案を見つけられるというのは恋愛において大事なことです。
ケンカもスマートにこなして、相手に対する不信感や怒りを募らせない、これができていたらカップルとしての先行きは明るいでしょう。

3. 一緒にいても心地よい安心感があり、沈黙が続いても気まずくならない

初デートでも緊張しすぎたり“何か喋らなくちゃ”とあれこれ気を揉んだりするようだと、精神的にも疲れます。一緒にいて心地よい安心感があり、沈黙が続いてもそれが気にならないと感じられるのはふたりの相性が良好だから。
お互いの喋るバランスが丁度良く、相手にも緊張感を抱かせないという空気感は、出会ってすぐに分かるものです。意図的に作り出せるものでもないので、今後の判断材料として大事でしょう。

4. デートしても“彼のことで頭がいっぱいで何も手につかない”とはならない

恋が始まったばかりだと、もう心が舞い上がってしまい何も手につかない、なんてことも珍しくないでしょう。もちろんそんなワクワク感も大事ですが、彼との関係が地に足の着いたしっかりとしたもので信頼関係もできていると、そんなに恋愛一辺倒にも陥りません。
仕事、友だちや家族、自分の趣味とのバランスがちょうど良くとれているくらいのほうが、ふたりの関係も安定して長続きするようです。

まとめ

恋愛初期はお互いのことが新鮮で、“この人のことが好き”と思い込みやすいものです。でも本当にカップルとしてうまくやっていけるかどうか、早い段階で見極めておきたいもの。彼となら幸せなカップルになれるかどうか、こうした初期サインを見逃さないようにしましょう。

▽ 参考記事(海外サイト):6 Early Ways To Tell If You're Actually Meant To Be With Him

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。