どっちかじゃ嫌! 男女両ウケする「愛される女性」の共通点5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2018.10.10.Wed

男子ウケばかり気にしてモテを意識すると「女子を敵にまわしてしまう」なんてことも……あるのが現実。できれば男女両ウケする「素敵な女性」でいたいものですよね! 誰からも「いいな」と愛される女性の特徴ってどんなものでしょうか?
今回は、男女に聞いた「全方位から愛される女性」共通点をご紹介します。

男女両ウケする「愛される女性」

1. 男女問わず平等に接する

彼の前では声のトーンが高くなって、クネクネ……。男性の前と女性の前、態度が変わってしまうと「あきらかに媚びすぎ」とドン引きされる言動ですよね! 男女関係なく、誰にでも平等に接する女性は「信頼できる」「自然体でいい」と好感度もアップします。

「男女によって態度を変える女性は、男性から見ても『あざといな』って引いてしまいますよね。誰にでも同じように接する女性は好感が持てるし、信頼できます」(31歳・男性・メーカー勤務)

▽ 好きな人には特別に対応しちゃう……なんてことありませんか? みんなに平等に接する人は信頼されます!

2. かっこつけずに自然体

パーフェクトな人よりも、どこか「抜けたところがある人」の方が可愛いという声も多数! 無理に見栄を張ったりしないで、苦手なことなどを隠さないほうが“人間味”があって親近感につながります。自然体でいるほうが、男女問わず愛されるものですよね。

「かっこつけてない人。見栄を張ってパーフェクトな女性を目指すよりも、ちょっと抜けたところがあったり、無理していない方が『仲良くなりたい』って思うものです」(29歳・女性・アパレル関連)

▽ 完璧な人を目指しているよりも「ちょっと隙」がある方が、男女両ウケします! かっこつけすぎず、等身大でいることも大切です。

3. 誰に対しても笑顔で対応

自分が気に入っている人にだけはニコニコして、その他には不愛想……では性格の悪さを感じるという声も多数! 誰に対しても笑顔を忘れない女性は「いるだけで癒される」「全ての人からウケる」と好感を持たれるものですよね。

「笑顔が素敵な女性は、誰が見ても『いいな』ってなりますよね。どんなに美人な人でも不愛想だと魅力を感じないので、誰にでも笑顔で接する人は『愛されキャラ』です」(29歳・男性・アパレル関連)

▽ 特定の人にだけじゃなくて、誰にでも笑顔ってところがポイントに! 男性だけではなく女性からも「愛される」こと間違いなし。

4. 女友達も大切にしている

男優先で女友達との約束を破るタイプの女性は、同性から「ガッカリ」されるものですよね? 彼や好きな人がいても、女友達との約束も守り、友情を大切にしている女性は「信頼できる」と男女両ウケするという声も目立ちました。

「彼氏優先で、女友達との約束をやぶってくる子はウケ悪いですよね。友達のことも大切にしている女性は、男から見てもいい子だなって思えますし、信頼できるので」(30歳・男性・飲食関連)

▽ 彼にだけ夢中になって女友達との約束はすっぽかし……なんてことをしていたら、人としての魅力も半減しちゃう!?

5. 裏表なく人の悪口を言わない

誰からも好かれる人=悪口を言わない人という声も多数! その人がいないところで「あの子ってさ~」と愚痴をこぼすと「私の愚痴も言ってるんだろうな」って不信感につながるものですよね? 悪口を言わない=裏表のない信用できる女性と思ってもらえるのだとか!

「裏表がない人・悪口を言わない人! だっていないところで『私の悪口も言ってそうだな』ってなるじゃないですか? 人の悪口を言わない人は敵を作らないので、男女ともにモテます」(28歳・女性・不動産関係)

▽ 悪口が多いと、裏表がありそうだな、私のことも……となってしまうので非モテになりがち? 愚痴や噂話で盛り上がらないようにしましょう。

まとめ

男子ウケはよくても女子ウケが悪い、その逆もあったりしますが……こんな特徴を意識すると「両ウケ」につながるかもしれません! 誰からも「信用できる」「素敵」と思われる素敵な女性を目指してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net