女探偵が教える! 浮気後の関係修復中にやってはいけないこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
上岡史奈

Written by:

2018.09.22.Sat

彼の浮気が発覚したとき、別れることになるのもツラいですが、ヨリを戻すのもイバラの道。元女探偵の筆者が「浮気後の関係修復中にやってはいけないこと」について説明します。

関係修復中のNG行動

ずっと怒り続ける

浮気された側が被害者。浮気した側が加害者。これは間違いがないことですし、浮気された側が謝罪を求めるのは間違っていないのですが、女性がよくやりがちなのが「顔をあわせるたびに罵ってしまう」という行動なんです。
彼に会うたびに怒りが蘇ってきて怒り散らすということを繰り返した場合、ほとんどの男性は最初はおとなしく謝りますが、だんだん疲れてきて逆ギレしたり去っていったりしようとします。
そうなって慌ててひきとめようとしても、今度は「被害者なのに立場が下」という微妙な関係で交際を続けなくてはいけなくなってしまうのです。
顔を見たらイライラしてしまう、という状況のときはしばらく距離を置いて会わないのも手ですよ。

浮気相手への嫌がらせ

彼の浮気が発覚したとき、女性の場合は彼を恨むよりも先に相手の女性へ敵意がいきがちです。
「会社や親にバラしてやりたい」「社会的制裁を加えたい」などと考えてしまうこともあると思いますが、犯罪行為はもちろんダメですし、もし仮にそんなことをしたら彼の気持ちはどんどん離れていってしまいます。
浮気相手に何かしようと考えるよりも、存在が目に入らないようにすることのほうが長い目で見ると正解。具体的な情報があればあるほど負の感情が強まるので、詳しく知らないほうが忘れやすいのです。すでに知ってしまっている場合は他の友達に情報を保管してもらうなどして、自分のスマホ等には残しておかないことをおすすめします。

幸せなカップルや家族に会う

彼との関係修復中で心がざわざわしているときは、無理をして結婚式への参加や幸せなカップルが多く来るような飲み会・BBQ・ホームパーティーなどに参加するのは避けましょう。
「最近どう?」と聞かれたとき、浮気のことを話しても話さなくても自分の心が疲れますし、幸せそうなカップルと自分の状況を比べてしまうと心が傷ついてしまいます。
もちろん、家に引きこもってばかりというのは良くないですが、あえて心の傷に自ら塩を塗るような行動は避けましょう。

「浮気シーン」のあるものに触れる

関係修復中は「浮気」という単語にお互い敏感になりがちです。彼と一緒に観ているテレビや映画などで浮気のシーンが出てきただけで微妙な空気が流れる場合も……。
浮気のシーンを観てしまっても、もう全然心が動かないと思えるようになるくらいまでは、そういったシーンが出てくるものは一緒に観ないことをおすすめします。

時間の経過に任せるのも大事

「浮気後の関係修復中にやってはいけないこと」を説明してきましたが、これらのことに注意しても、完全に割り切って彼を許すことは難しいかもしれません。しかし、時間が解決してくれることもたくさんあります。焦らず、じっくり関係修復を目指しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

上岡史奈

探偵歴11年の元女探偵、探偵BAR店長を経て、
離婚、婚活、復縁などの相談を受ける恋愛プロデューサー。恋愛運が上がるネイルも研究中
趣味 パワースポット巡り
アメブロ http://ameblo.jp/erumoamere/
ツイッター@erumoamere
Facebook https://www.facebook.com/fumina29

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子