デート終わりのLINE…どう送るのが正解? 男子の本音を教えてもらおう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
原桃子

Written by:

2018.09.13.Thu

気になる彼との初デートが終わったら、もちろんお礼のLINEをしますよね? でも、ただお礼を言えばいいわけではありません! 相手の心に残る「次のデートにつながるメッセージ」を送ることが重要なのです。そこで今回は、「男子が喜ぶデート後のLINE」についてご紹介します。彼が喜ぶのは、一体どんなメッセージなのでしょうか?

彼が喜ぶLINEはどっち?

重要ワードは「ありがとう」or「楽しかった」?

デート後にお礼を言うのは当たり前ですが、お礼の言葉よりも重要なワードがあるようで……?

・「『今日はありがとうございました! また機会があればご飯行きましょう』みたいなメッセージって、ちょっと優等生すぎるというか部下に奢ってあげたような印象でデート感がないよね」(32歳・男性)

・「『一緒に遊べて楽しかった!』っていうメッセージがくると、楽しんでもらえてよかったって安心する! デートプランを考えた立場としては、そこが何より重要だよね」(25歳・男性)

▽ 「ありがとう」の言葉があることはもちろん大前提! それ以上に重要なのは「楽しかった」とちゃんと相手に伝えることです。デートプランを考えてくれた男子は「本当に楽しんでもらえたかな……」と不安に思うもの。彼を安心させるためにも、まずはちゃんと言葉で伝えましょう。

メッセージは「簡潔」or「具体的」?

長文LINEは嫌がられる……なんて意見もありますが、さっぱりしすぎても無愛想な印象に? ちょうどいいメッセージとは……?

・「『今日はありがとう! おやすみ!』っていうシンプルすぎるLINEより『あのときの○○がすごくおもしろかった!』とか『あれがすごく美味しかった!』って具体的に言ってくれるLINEのほうがうれしい!」(28歳・男性)

▽ デートの思い出を振り返るように、うれしかったことをメッセージにして送りましょう! 簡潔すぎるメッセージより、楽しかったということがよりいっそう伝わりやすくなるのでオススメです。

文体は「敬語」or「タメ口」?

彼との関係によっては、敬語かタメ口か迷う場合も……。敬語だと距離を感じるし、タメ口だと馴れなれしいイメージがありそうですよね。男子の本音は?

・「ずっと敬語だった後輩が、デートの後のLINEでタメ口が混ざるようになっていた。ちょっと仲よくなれた気がしてうれしかったなぁ」(25歳・男性)

▽ デートをする仲なのだから、いつまでも堅苦しい雰囲気でいるのは考えもの。少しずつタメ口を交えることで、二人の距離が縮まっていると印象づける効果があります。

次回のお誘いは「あり」or「なし」?

帰り際、彼から次回のお誘いがなかったら、自分から誘っていいものなのでしょうか? 女子なら誘われるのを待つべきなのか、悩みますよね……。

・「デート後のLINEで『今日話していた○○、いつ行きますか?』って言われたときはドキっとした! 社交辞令じゃなかったんだって、ちょっとうれしかった」(28歳・男性)

▽ 女子からのお誘いは男子もうれしいようです!「自分に気があるのかも?」と相手に思わせることで、告白される可能性も上がりますよ。

送るタイミングは「別れてすぐ」or「時間がたってから」?

LINEを送るタイミングはいつにしたらいいのか迷ってしまうことも。男子がうれしいタイミングは……?

・「帰ってすぐにLINEがきてるとテンション上がる! 翌日とか、時間がたってからだとデートの余韻もなくなってるし……」(25歳・男性)

▽ LINEを送るのを焦らす女子も多いですが、帰ったらすぐに送ったほうが好印象!「楽しかった」という気持ちがより伝わりやすくなります。

LINEで駆け引きをしようと考える女子も多いですが、彼とデートできてうれしかったという気持ちを素直に伝えるのが、いちばん効果的なようです。ぜひ参考にしてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

原桃子

アラサ―OL、フリーライター。
いつだって自分らしくマイペースに生活中。
悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。