気づいたらハマってる!? マッチングアプリ中毒症状あるある5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2018.09.10.Mon

効率的に恋人探しができる文明の利器、マッチングアプリ。以前の「出会い系」の悪いイメージはもうほとんど払拭されて、マッチングアプリの面白さにハマっている人も多いのでは? 今回はそんな、マッチングアプリ中毒症状あるあるをまとめてみました。

マッチングアプリ中毒症状あるある

専用のアプリフォルダがスマホ画面上に存在する

最近はいろいろなタイプのマッチングアプリがあります。そしてアプリによって使用している人たちが違います。幅広くいろいろな人に会ってみたい人はいくつかのアプリを使いこなしているのでは? とは言え、スマホ画面にマッチングアプリがたくさんあるのを誰かに見られるのはちょっと恥ずかしいので、マッチングアプリ専用のアプリフォルダをスマホ画面上に作成し、他の人達からは見られにくく、且つ自分自身ではまとまっていてチェックしやすい仕様にしちゃうのです。

アプリからのお知らせ通知の方が普通の連絡よりも多い

いろんなマッチングサイトに登録しているので、スマホに表示されるお知らせ通知の数が友達からのメッセージの数よりも断然マッチングサイトからのお知らせの方が多くなるのです。あまりにも多く、スマホが鳴り続けるのでお知らせ通知をオフにしちゃうことも。

街ですれ違う人全員、なんだか見たことがある気がする

街ですれ違った人たちを見て、「あれ? あの人、マッチングアプリ○○のプロフで見たことがある」なんて思い始めることも。実際見たことなんてなくても、そういった幻覚症状が出始めることもしばしば。
そしてたまに、本当にマッチングアプリで見たことはあって、あなたにメッセージを送ってきたりしていたけれど、あなたが好みではなかったので無視していたりした場合には、相手に見つからないように忍び足でその場を逃走!

友達カップルの出会いマッチングアプリだとワクワクする

友達の新しくできた恋人との出会いがマッチングアプリだったと聞くと、異常にワクワクするのです。そしてどのマッチングアプリを使ったのか調査。
もし自分自身がこれまで使ったことのなかったものなら早速取り入れ、今も使っているものならばもっと力を入れて使うようにしてみたり。

メッセージのやり取りが忙しすぎて疲れる

直接会う前に相性が合うかどうか、メッセージ交換で確かめることができるのがマッチングアプリの醍醐味。とは言え、いろいろな人とメッセージをしていると、誰が誰なのかわからなくなってきたり、メッセージのやり取りに疲れを感じてしまうことも……。仕事中もずっとパソコン画面に向かっているのに、フリータイムもずっとスマホの画面で文字を打ち続けている、そんな生活になってしまうのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。