既婚女性に聞いた! 夫婦になったら大切にしたい7つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
原桃子

Written by:

2018.09.08.Sat

結婚をしたら、彼との関係も恋人の頃とは変わってくるもの。いつまでもラブラブでいたいと思うけれど、現実はそんなにうまくいかなかったり……。
そこで今回は、既婚女性に「夫婦になったら大切にしたいこと」は何かを聞いてみました! 夫婦円満の秘訣とは……?

夫婦になったら大切にしたいこと

1. 違うことは当然

「男と女は違って当たり前。たとえば、男性は暑がりの人が多くて女性は冷え性の人が多いから、冷房の温度でもめるのも当然のこと。いちいち感情的になるより、お互いの妥協点をさっさと見つけたほうがいい」(34歳・女性)

▽ 男と女で違う人間なのだから、違うところがあるのは当たり前ですよね。ケンカをするのではなく、お互いの違いを受け入れることも大切です。

2. 他人であることを忘れてはいけない

「夫婦って近すぎて距離感を見失う。『○○してくれて当たり前』って思ってしまったり『もっと○○してほしい』って要求ばかりぶつけてしまったり。夫婦といえど他人なんだから、礼儀を忘れちゃダメだよね」(30歳・女性)

▽ 夫婦生活で大切なことは距離感。どんなに近い存在になったとしても「ありがとう」と「ごめんね」は忘れずにいましょう。

3. どれだけリラックスできるかを重視すること

「どれだけラブラブでいられるかを重視して生活していると、だんだんしんどくなってくる。たまには一人の時間を優先したり、どれだけリラックスできるかを優先したほうが穏やかでいられる」(32歳・女性)

▽ いつまでも恋人時代のテンションを保とうと思ったら、徐々にしんどくなっていくもの。お互いが別行動できるような、ラクな関係を目指すのが長続きの秘訣かもしれません。

4. 会話は重要

「いちばん大事にしたいコミュニケーションは『会話』だと思う。どんなに長い付き合いでも、相手が考えていることってちゃんと聞かないとわからない。相手を理解することが円満の秘訣だと思う」(29歳・女性)

▽ 話さなくてもわかる関係なんてありません。何年たっても、パートナーとの会話は大切にしましょう。

5. 自分の中のルールはほどほどに

「『家事はこうしないといけない』とか『料理のおかずは○品以上じゃないといけない』とか、自分の中でルールを決めすぎないほうがいい。相手がやってくれた家事が雑だとイライラするし、ホコリがあっても死なないって思っているくらいでちょうどいい」(30歳・女性)

▽ 共同生活だというのに、自分のルールを相手に押し付けてはいませんか? 相手にも相手のルールがあるもの。歩み寄る姿勢は大切です。

6. プライベートは干渉しない

「スマホを見たり、必要以上に相手に干渉するのは、いくら夫婦でもダメだと思う。相手を信頼できていれば干渉する必要はないから、まずは信頼関係を築くことが大切」(28歳・女性)

▽ 過度な束縛は、相手を信頼できていない証拠。信頼されていない相手との生活は息が詰まるものです……。相手を信頼できるよう、話し合いをしていきましょう。

7. 幸せにしてほしいと思ってはいけない

「相手に幸せにしてほしいって思っていると、相手の負担になって関係はうまくいかなくなる。結婚したとはいえ『自分の人生は自分で幸せにする』って気持ちでいることが円満の秘訣だよね」(34歳・女性)

▽ 結婚したからといって、自分の幸せを相手に丸投げしてはいけません。自分の幸せは、いつだって自分次第。そうすれば、相手に過度な期待を抱かずにすみます。

結婚してからも、自立した関係でいることが夫婦円満の秘訣。相手との距離感を保ち、思いやりを忘れないことが大切ですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

原桃子

アラサ―OL、フリーライター。
いつだって自分らしくマイペースに生活中。
悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。