婚活アプリで「2回めデート」につながらない人の特徴

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2018.09.05.Wed

婚活アプリで出会いの数は増えたものの、2回めのデートにつながらないと苦戦している人もいるのではないでしょうか。せっかく数ある相手から選んだにも関わらず、1回で見切られてしまうのはツラいものがありますよね。
婚活アプリで2回めのデートにつながらないのはなぜなのでしょうか?

プロフィール写真とのギャップがある

「プロフィール写真を見てタイプだなって思って待ち合わせ場所に行ってみたら、全然違う体型の男性がいた。聞けば、プロフィール写真は10年以上前のものらしい。そんなの写真に使わないでよって思ったし、騙された気分になって2回めはないなって思った」(30代/看護士)

▽ プロフィール写真を盛りすぎて失敗する人、意外と多くいます。「人は見た目が9割」などと言われますが、期待値をあげて会ったら実はそんなに好みの見た目ではなかった……。そんなことがわかると、初対面では特にがっかりされてしまいます。
プロフィール写真は現実に近づけた写真を載せておくほうが、何かと得なことが多いです。「写真よりも実際のほうが綺麗(かっこいい)」くらいだと相手も好印象でしょう。

会話を弾ませる努力をしない

「常に相手からの質問に答えるだけだったり、自分だけ一方的に話し続けたりと、相手とコミュニケーションをとろうと努力していない人だと、2回目はないなって思う。毎回こっちが質問して相手が答えて、尋問している気持ちになるし、私に興味ないのかな? って思う」(20代/IT)

▽ 相手へ質問することは、相手に興味を持っていることを伝えるのと同じことです。逆に、相手の質問に答えてばかりで自分から何も質問しないのは、興味がないのかなと思われてしまいます。
一方的に自分の話をし続けたり、相手からの質問を待ち続けたりする姿勢は相手を疲れされるのでNG。「一緒にいても楽しくない」と思われて2回めのデートにつながらないのです。

デート後のあいさつメールを送らない

「デートが終わったあとにお礼メールとか挨拶メールを翌日までに送ってこない人は、礼儀がなっていないのかなって思ってフェードアウト。今日はありがとうとか短い文でもいいから送ってほしい」(20代/公務員)

▽ 些細なことですが、デートが終わったあとに挨拶の連絡をするのはマナーです。
相手からの連絡を一方的に待ち続けるのではなく、自分から「今日はありがとうございました」と送るほうが印象はいいでしょう。奢られたりすればなおさらです。

自分からは誘わない

「1回めのデートに誘われたら、次のデートは『今度は○○に行きたいです』って誘ってくれるとうれしい。付き合っても毎回俺がデートコース考えなきゃいけないのかなとか、楽しくなかったのかなとかいろいろ考えるから」(30代/金融)

▽ 常に誘われ待ちの態勢も2回めデートのチャンスを奪います。「誘ってほしい」と思うのはわかりますが、相手もあなたと同じように「誘ってほしい」と思っているのです。時には自分から「ここ行きたい!」と提案してみるのも大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。

IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。
育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。
コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。
ブログ:http://kobayashike.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/
note:https://note.mu/uchidareiko