末永くハッピー!! 彼との関係を円満に続けるため大事なこと6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
美佳

Written by:

2018.07.28.Sat

大好きな彼とは、長くいい関係を継続させたいもの。「自然体でいられる関係がいい」という女子もいるでしょうが、何事も努力や工夫なしに良くなることってそうありません。
そこで今回は、彼との関係を円満に続けるために大事なことをご紹介!

自分にも彼にも素直であり正直でいる

彼と円満な関係を築き持続させたいのなら、常に自分にも彼にも素直であり、正直でいることです。自分の気持ちに正直、素直でいられないのなら、彼に対してだってそうはあれません。
今の自分に不満があるとき、成長するために努力するのではなく、見栄を張ったり背伸びしたりする人もいますよね。そんな素直さや正直さとはほど遠い状態では、成長するどころか、彼とも信頼関係を築けません。
円満な関係を維持するには、自分にも相手にも「偽り」はご法度です。

たまにはロマンチックな雰囲気も

恋愛初期、まだよくお互いのことを知らない時期はロマンチックなデートもたくさんしたけれど、お互いのことがだいたいわかり二人の関係が落ち着いてくるとロマンチックなデートをしなくなるカップルも多いもの。
ですが円満な関係を続けるためには、二人の関係が安定してもロマンチックな雰囲気は大事。たまには二人でサプライズや甘いムードを楽しんだほうがいいですよ。

二人だけの世界にこもらない

彼といい関係を築いていくためには、二人だけの世界にこもらず、お互いそれぞれの世界を持つもの大事です。たとえば、友人との時間や趣味の時間をそれぞれが持つ、などといったことです。
二人の世界にこもってしまうと、どうしても視野が狭くなってしまいます。外のさまざまなコミュニティにも身をおくようにして、自分たちを客観視できるようにしていたほうがいいです。

彼の変化を期待しない

お互い相手に要求ばかりしてしまう関係は危険です。どちらか一方が要求されることに限界を感じれば関係は壊れます。
彼が二人の関係のために大きく変わってくれるのではないか、と期待したり実際「こうしてよ」など要求してしまう人もいるかもしれませんが、相手に期待したり、要求すればするほど円満な関係からはほど遠くなるので要注意です。

二人でいるときは相手に集中する

デートのときに、急ぎの要件ではないLINEに返信をする、友達のSNSをチェックする……など、二人だけの時間なのにソーシャルメディアに集中するなんて最悪です。
円満でいたいのなら、二人だけの時間は二人だけのことに集中しましょう。もちろん緊急な連絡なら出るべきですが、緊急じゃないのならデートが終わったあとでいいじゃないですか? なるべくデート中はスマホを触らず相手に集中しましょう。

ケンカを長引かせない

仮に彼とケンカしても長引かせないことです。できればその日のうちに解決したいもの。ケンカを長引かせてもいいことはないですから。
言いすぎたなと思うのなら、素直に「さっきは言いすぎてごめんね」など、謝ってしまった方がいいです。また、彼に謝られたときは許しましょう、心の底から。
ケンカして意固地になって殻にこもったところで、円満な関係なんてなれないですよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

美佳

美佳です。
元銀座ホステスです。
都内のどこかに ひっそりと生息してます。
顔はご想像にお任せします。

ゆるーくブログをはじめました。
「お後がよろしいようで!」https://mika-blog.amebaownd.com