私、傷ついてますから! 彼氏に言われてテンション落ちた台詞5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠矢 晶子

Written by:

2018.07.18.Wed

男子って、女子の「傷つきポイント」がわからず、ときどきおもいっきり失礼な発言をしますよね。それも、ぜんぜん悪気なく。
彼氏本人に悪気がないからこそ、言われたこっちは通常以上にショックを受けるもの。そこで今回は、すんごいショック! 彼氏に言われてテンション落ちた台詞5選をご紹介したいと思います。

1. 「なんで切っちゃったの?」

「夏に向けて髪の毛を思い切ってバッサリ切ったら、『えー前のほうが可愛かったのに~。なんで切っちゃったの?』と言われて、テンション落ちた」(20代/派遣)

▽ 髪の毛はすぐに元に戻らないからこそ、ショックですよね。髪型って女子にとってはすごく大切なもの。男子のみなさま、もうちょっと気遣ってください!

2. 「たまには一人にさせてよ~」

「週末はデートをする決まりになっているので『日曜、どうする?』って聞いたら、『たまには一人にさせてよ~』って言われたので、ちょっと傷つきました……」(20代/幼稚園教諭)

▽ 一人の時間は確かに必要なので、彼氏の言い分は理解できますが、この言い方をされたらやっぱり傷つきますね……。

3. 「ぷっ(笑)」

「大人っぽくイメチェンしたくて、デパートの美容部員の人にメイクしてもらった私の顔を見て、彼氏が『ぷっ(笑)』と、笑った……」(20代/学生)

▽ 女子は「可愛い」から「綺麗」にステップアップしたい時期が必ずやってきます。だからといってすぐに「綺麗」になれるわけではありません。色々試行錯誤をしながら「綺麗」になっていくものなんです。男子のみなさま、女子の努力を笑わないでくださいね!

4. 「だいぶ…変わったね」

「二人で、昔のアルバムを見ていたとき、彼が私の顔をじっと見つめて『だいぶ……変わったね』と、言ってきた。そりゃ年とったんだから、変わるわ!」(30代/事務員)

▽ 女子なら、これはみんな傷つきます! 年をとれば変わるのは当然。それは女子自身が一番わかっているので、あまり傷をえぐらないで頂きたいですよね……。

5. 「見飽きた」

「彼に『イメチェンしてみたら?』って言われたので、『なんで?』って聞いたら、『ちょっと見飽きた』って言われました。ひどいっ!」(30代/エンジニア)

▽ 長く付き合っていけば確かに「見飽きた」って気持ちもわかりますが、そこらへんはちょっと言い方を変えてほしいですよね。あまりにストレートな言葉はやっぱり傷つく!

まとめ

いかがでしたか? もちろん愛があってこその台詞だとは思いますが、愛があるかないかは関係なく、傷つくものは傷つく! 言葉を少し言い変えるだけで、受け取り側の気持ちも変わるので、男子のみなさまは彼女のテンションが落ちないような台詞を心がけてみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員・ホステスなど様々な職種を経て、現在は一児の母に。犬と猫に癒されながら、育児に奮闘する日々を送っています。