アラサー男性が伝授! 女性諸君、婚活の場でこれをやったらモテないぞ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2018.07.16.Mon

婚活もはじめて参加するときは緊張感があるものの、慣れてくると流れや相手を知るすべが分かってきて、男性に対する対応も先走っていませんか? 婚活中のアラサー男性は、そんな女性を避けたくなるといいます。
今回は、アラサー男性に聞く「婚活の場でこれをやったらモテないぞ!」と物申したいことを聞いてみました。

年収を聞いてくる

「年収○万円以上という条件の婚活に参加すると、それを疑ってか年収や職業についてさりげなく話題にぶっこんでくる。結局は金か……と萎える」(32歳・自営業)

▽ 一度、不信感を抱いてしまった女性に対しては、恋愛に発展することは絶対にないとのこと。婚活は結婚相手を探す目的もそうですが、あくまで出会いの場です。スペックに惑わされず中身を見ることができる人ほど、早く婚活を卒業できるのです。

結婚後の話をするのはタブー

「『将来は親と同居?』『子どもは○歳までに○人欲しいと思ってる!』とか結婚後の話を具体的に提示されると引いてしまう。そういう女性、意外に多いです」(29歳・IT関連会社)

▽ 婚活に慣れてくると余計な時間は割きたくないと思ってしまうのか、自分の条件に合わなそうな人をはじめからシャットアウトするために要望を先に述べてしまう女性が多いようです。これでは本当にいい人は見つかりませんよ。

持ち物チェックはやめて

「婚活に慣れている女性は絶対に時計やカバンをチェックしてる! 目線で分かります。中身を見ない女性なんだなと、そこで一線引いてしまいます」(33歳・百貨店勤務)

▽ 男性の年収は時計を見れば分かる……なんていわれていますが、こうしたさりげない目線も男性は気付いているようです。持ち物チェックで年収予測……なんてやめましょう。

高嶺の花アピール

「ハイブランドでかためている背伸びした女性は『わたしは金持ちにしか目がありません』と訴えているようにしか見えません。婚活の場ではやめたほうがいい」(34歳・医療関係)

▽ ハイスペック男性を狙おうと高級感を出したところでドン引きだそうです。婚活のコーディネートは上品ではなく、シンプルかつ「清楚感を出すこと」が第一です。男性からモテるためには、清潔感があることが基本。これは譲れない項目だそうです。

自分の話だけヒートアップ

「自分の話を延々としてくる女性が多い。アピールをしているのかもしれないけど、モテる女性は聞き上手ってこと分かってない」(37歳・メーカー管理職)

▽ モテる女性は聞き上手……これは鉄板ですよね。うんうんと一生懸命聞いている姿に、この子いいなと感じる男性がいかに多いか。初対面では聞き役に回り、控えめな女性を演じてみると、いつもよりも手ごたえがあるかもしれませんよ。

いかがでしたか? これらは実際に婚活中のアラサー男性直々のアドバイスです。こうして見てみると、外見や職業に踊らされず、心から自分を好きになってほしいという男性の気持ちも伺えます。婚活を卒業できるよう、アラサー男性が好む女性を目指して参加しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

【モデル・愛妻コンサルタント】フランスパリに美容を学びに留学後、美容カウンセラーとして活躍。その後、心理士として恋愛や結婚、夫婦問題のセミナーやカウンセリングを行っております。大好きなことは先にも後にも美容です。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/