結婚を遠ざけている人がやりがちなことを聞いてみた

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2018.07.04.Wed

「結婚をしたい」と言いつつも、言動と伴っていない行動をしてしまうこともあるもの。無自覚のまま、結婚を遠ざけてしまっている人もいるのではないでしょうか。結婚願望があるのに、知らぬ間に結婚からかけ離れた行動をとっていたらもったいないですよね。
ここでは、結婚を遠ざけている人がやりがちなことを聞いてみました。

自分を棚に上げて上から目線

「自分を棚に上げて理想ばかり高くなっている人が多い。いろんな人と出会って目が肥えちゃったのかな……。婚活している友達は現実的ではない条件をあげ『妥協してまで結婚したくない!』って言っている子が結構いる」(30代/メーカー)

▽ 自分を棚にあげて相手のことばかりをジャッジしてしまう人は結婚を遠ざけてしまいがち。出会いが多くなったぶん、理想ばかりが高くなり、現実的ではない条件をあげて「もっといい人がいるはず」と理想を追い求めてしまうのです。
妥協して結婚する必要はありませんが、相手に求める前にまず「自分は婚活市場においてどの程度なのか」を客観的に知ることも大切です。

結婚願望がない彼に期待する

「結婚願望がない彼氏とだらだら付き合い続けている友達。長く付き合っていれば、いつか彼が結婚してくれるんじゃないかっていう期待があるらしい」(30代/主婦)

▽ 結婚願望がない相手に対して「いつか結婚したいと思ってくれるはず」と、甘い期待を抱いてだらだらと付き合い続けている人も……。それも、結婚を遠ざける原因です。
今はまだ焦っていなくても、周りが結婚し始めると焦りを感じてしまうもの。そのときになって「なんで結婚してくれないの!?」と問い詰めても、後の祭りです。彼に結婚願望がないなら、潔く別れる勇気も必要です。

居心地のいい実家暮らし

「出なきゃと思いつつも、居心地がいい実家に居座ってしまう……。実家は親が甘やかして食事とか用意してくれるし、寂しくなることもないのでついつい……」(30代/看護師)

▽ 自分の味方をしてくれる親がいる実家暮らしは、居心地がよくなってしまうもの。寂しさも感じなければ、経済的にもメリットばかりなので、なかなか抜け出せなくなっている人もいるのでは?
居心地のよさゆえに、現状を変えようとする力がなくなるので、知らぬ間に結婚から遠ざかってしまうこともよくあるようです。

婚活パーティーに行きまくる

「『絶対に結婚したい!』って言って婚活パーティーに行きまくったり、マッチングアプリで出会いまくったりしている子。出会いを求めるだけで婚活をしている気になっているし『もっといい人がいるはず!』ってどんどん理想が高くなってる」(20代/主婦)

▽ 結婚をしたいからといって、むやみやたらと出会っている人も結婚を遠ざけがち。結婚が目的のはずが、婚活をして人と出会うことが目的になってしまっているからです。大勢と出会ったからといって結婚できるわけではありません。自分に合う人と出会うことが大切なのです。
自分の需要はどこにあり、自分はどんな人と出会いたいのかを明確にすることが大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれ。ライター/コラムニスト。

メディア、広告の編集者を経てフリーライターに転身。
大学在学中からコラムの仕事を始め25歳で結婚。
コラムでは恋愛、婚活、ママ、子育てのジャンルをメインに執筆。

twitter:https://twitter.com/rizuko21
mail:[email protected]